南の国の太陽、空の色の獅子

Category :  自転車
tag : 
●Twitter

オグレディ、次いでフォイクトが、Twitterを始めた。
これで、選手9人中非ユーザーはゲルデマンひとり。

遡ると、シュレク兄弟がTwitterを始めたのは、2年前のツール。この年、ランスが、自転車界に広めた。
1年後のツールでファビアンが始め、今年のツールでオグレディ。乗り気でなかったフォイクトも引き摺りこまれた、という経緯。

関連で、書いておく。
今だからする話。

「ファビアンはルクスに来るのでは」と自分が推測した材料の「第1号」が、「彼のTwitter」だった。

最初の発信は、ツール最終日の前日、TGVの中からだった。
当然、近くには、アンディがいる。(もしかしたら、打っているのを眺めてすらいたかもしれない)
彼が始めたことをTwitterで伝えたのは、アンディとフランク。
そして、彼がスタート時にフォローした相手は、この2人だった。
シュレク兄弟2人「だけ」。他はなし。

これを見たとき、「ピ」とくるものがあった。
シュレク兄弟と別れるなら、こういう振舞はしないのでは。
今年のツールの決着がついた今、わざわざ、「僕等は友達」と、世間に公然と見せることは、しないのではないか。

こういうことの解釈は、単純ではない。「友達同士」でも、別のチームで走るケースはいくらもある。親密ぶりをあからさまに披露しているからといって、一緒のチームにいると推測する理由にはならない、と考えた人は多いだろう。

ただ、あのときの彼等には、「特殊な事情」があった。シュレク兄弟が、ファビアンに、自分たちと一緒に来てほしいと望んでいたことは、間違いなかった。
ファビアンは、自分が断れば、兄弟を失望させることを知っていた。
もしも、兄弟を失望させる選択をしたのなら、「それでもこれからも僕等は友達だよね」と自分からのうのうと喧伝するだろうか。

もしも彼が、これまで兄弟と一定以上の信頼関係のある友人同士で、兄弟の誘いを断る、もしくは返答を遅らせているならば、こういう行動はすまい。そういう態度は、これまで入手した彼のパーソナリティとは整合しない。

以上が、「Twitter」が、第19ステージ終了後には別れを想定していた自分に、「いや、違う」と思わせる材料になった理由。

それでも、ほぼ確信を得るまでには、その後約2カ月要した。
彼は、自分の選択をずっと隠していたので、「言葉」から証拠を見つけることは、なかなかできなかった。Twitterも、意味を見出したのは、記した「言葉」ではなく、「始めた日と場所、フォローした相手」という「行動」だった。

●ドーピング第1号

コロブネフ、という名を見て、「北京五輪4位で、2位のレヴェッリンのドーピング確定によって、繰り上がりで銅メダルもらったぞ。彼もクロなら、彼の後ろで4位(コース上で5位)だったアンディの立場は一体」

五輪のメダルをよくよく欲しかったらしく、珍しくキーキー怒り、後悔していたので(当時自分の受けた印象)、瞬時に思い起こした。
今陽性を出しても、五輪のときに使用していた証拠はないから、もはやどうにもならない。虚しい話だ。

アンディは、このパターンを複数件持っている。2007年ジロで2位になったときの1位はディルーカだ。
自分は、これは気にかけていないが、万が一にも(京に一といってもいいが)、コンタドールが有罪になった日には笑えない。

連想、もうひとつ。
「改めて考えても、コンタドールの件のUCIの扱いは不審だ」

今回、7月6日分の結果が11日に判明して、コロブネフはさっさとツールを去った。昨年、コンタドールの陽性も、検査日から数日後には判っていただろう。
シャンゼリゼの表彰式の最中に既に判っていた可能性すらある。表沙汰になると、大スキャンダルになって自転車界に傷がつくから、隠して、もみ消そうとした、という解釈の蓋然性が「極めて」高そうに感じる。

反論があれば、是非聞きたい。
表に出たのは、ドイツのメディアが嗅ぎつけたせいと言われているが、それは、検査機関が「ケルンのラボ」だったから、ではないか?
ドイツ人たちはドーピングに峻厳だ。自国人の英雄すら庇わなかったのに、スペイン人を見逃すなどとんでもないとラボの内部の人が情報を流したとか。

事実は不明だが、これを考えると、「UCIはコンタドールを有罪にしたくないので」、CASの結果は無罪になるんじゃないの?という見通しがますます強まるのであった。
(UCIと共闘せず、別の申し立てをしているWADAに、ひっくりかえす意欲がどこまであるのか、さて。)
スポンサーサイト

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://leonazul.blog87.fc2.com/tb.php/995-ac3245b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)