南の国の太陽、空の色の獅子

Category :  自転車
tag : 
●Tour de Suisse

LEOPARD TREKのメンバーはそのままツール組なので、優先項目の一番は、「負傷者が発生しないこと」、と思っていた。無事に終わって何よりだ。
第6ステージでモビスターのソレルが落車し、頭蓋骨骨折という重傷を負った。クラッシュしたとき、彼は自分の車輪の後ろにいて、自分は咄嗟の操作で落車を免れた、というファビアンのレース後の記述に、一瞬ゾッとなった。
重傷と無傷は紙一重。選手たちは常にリスクを背負っている。そのことは、肝に銘じておかねばならない。

リザルトは、自分の感覚では75点。
ステージ2勝、山岳賞、チーム総合1位。
個人総合で表彰台を逃したのが痛い。3位は現実性のある目標だった。

・アンディ

本番前までのでっこみひっこみは例年のことだが、今年はいつもより目立ったらしい。期間中からメディアたちがトゲトゲ言っていたが(それでLe Quotidienがすごい勢いで庇ったり)、此方が気にすることは何もない。
不調の日があろうが三味線だろうがどちらであろうと大差はないし、スルーしてよい。どちらと思うかと聞かれたら、三味線ひく能はない、と返事する。
TTの遅さも、想定内である。「このレベルだと、対コンタドールで3分~3分半失う」とカウントしておく。(今回は32km、本番は41km)

・ツールを見据えたとき、いい材料
「モンフォールが、山岳ステージで信頼できる力を示してくれたこと」


「フグルサングより彼の方が強いのでは。トレインの順番どうするだろう」と思った。
昨年、山岳でのチーム力が弱かった、という印象を強く持った。ケチになりそうで、あまり書かなかったが、事前の予想とは逆に、コンタドールのアシストの方が、勝負の局面まで落ちることなく、しっかりエースを守って仕事した、と思う。
イエロージャージを着たアンディが自らチームカーにボトルを取りにいくシーンが中継画面に複数回映り、この振る舞いに対して、多方面から批判が浴びせられた。
当時の自分は、アシストが同じ集団にいても、きつそうで、比較して自分は力に余裕があるので、動いていたのだろう、フランクがいないし、望ましくはないがしょうがない、と諦観の域だった。

昨年、山岳で最も戦力になったのはクリス・アンケルだった。今年、彼はいないが、モンフォールが代わりを務めることができそうだ。だが、望めるなら、近いレベルをもう一枚欲しい、そうでないとまた昨年と同じようにならないとは限らない、と思っている。
今季ここまでのフグルサングを見ると、昨年以上のレベルを期待するのは疑問符がつく。
但し、これは、彼の能力に対する不満というより、彼は本質的に総合系の選手であり、ツールで総合優勝を狙うエースの山岳アシストに求められる適性とは違うのでは?という意味だ。
TTが強く、グランツールより下のステージレースでエースをやれば勝てる力を持っているのだから。

・・ところがご本人は、ツールでアンディを助けるために100%のコンディションにしたいから、ジロのエースの座はいらない、と欲のないことを言う。今季でロード4年目で、もうヒヨコちゃんではないので(アンディと同い年で、厳密にいうと3か月お兄ちゃんである)、それでいいのか、ちょっと考えてしまうが、「本人が望むこと」を叶えるのが一番いいには違いない・・

「フグルサング、モンフォール、ゲルデマンのTTがよかったこと」

今年はチームTTがある。
09年、39kmのTTTでアスタナに対し40秒失ったことは記憶に新しい。ファビアンがいかに強くても、彼1人では無理なのである。新規加入の3人のレベルは心強い。
モンフォールは、登れるだけでなくTTもいける。チームが最初からツールのメンバーとしてオファーしたことに納得する。

悪い材料
「シュレク兄弟のTTの出来の悪さ」


アシスト陣のTT能力を悦んだ舌の根も乾かぬうちに、一気に落っことすが、肝心のエースたちの出来がひどかった。
今回のレベルをそのままもっていったら、チームメートたちがいくら頑張っても、どうにもならない。2人を置いていくわけにいかず、連れていかねばならないので、けっこう悲惨な話だ。

フランクは、「08~09年」こういう感じだったよね、というレベルで、昨年向上がみられたのに、元に戻ってしまったのか。
昨年は、ジューリックにコーチしてもらい、成果があった。今年、ちゃんとした指導を受けて力を入れての練習をせず、ダメになったのだろうか。(ジューリックはスカイへ行って、コーチングしている)
それとも他の理由か、はたまた主にコンディションの問題で、本番はどうにかなるのか、さてはて。

フランクの極端な上がり下がりに比べれば、アンディは昨年フランクほど進歩しなかった分(ジューリックが、堂々とそう喋った)、下がり方が「まし」で、想定内とスルーするが、この後、ツールのオッズの賭け率が変わるのでは?と思ってしまった。

レースは、最終日、4位のライプハイマーが逆転して総合優勝した。昨年、やはり1日残して4位にいたフランクが、TTで逆転総合優勝したので、今年もそうなるんじゃないか、と見ていたら、当たった。
・・返す返す、昨年フランクのTTは速かった。今年も、三味線を弾いていたはずはないのだが、なんだったんだろう。う~~
スポンサーサイト

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://leonazul.blog87.fc2.com/tb.php/976-694546e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)