南の国の太陽、空の色の獅子

Category :  自転車
tag : 
●Tour of California

採点するなら70点くらいか。
色々やって、チームとして存在感は示したが、運もあまりなく、これといった戦績は得られなかった。

・フォイクトが負傷、リタイア
予想した通り、手の骨をやられ、リタイアしたが、幸い、深刻ではなかった。
帰国して、すぐ手術し、予定通り6/1からのツール・ド・ルクセンブルグに出る。メンバー表が載った。
毎年のように怪我しながらちゃんと戻って仕事するオグレディといい、タフなこと、頼もしい。

・デニフル、命拾い
第5ステージ、デニフルがフレイレと2人で逃げ、なかなかいい調子だったのに、パンクで落車し、おじゃん。
落車シーンがTV画面には映らなかったが、レース後、チームカーに頭を轢かれかかったのを間一髪助かっていたことが判明。
本人も、そういう状況だったことには気づかず、この写真を見せられて、初めて知ったのだそうだ。

・ゲルデマン、いまいち
チームは、登りの力をもう少し期待していたのではないだろうか?と少々の不安が。
彼は、シーズン前のキャンプでツール出場の約束は貰っていないと発言していたが、予定されていることが判明した。ツールの下見にアルプスへ行くメンバーに入っている。(シュレク兄弟、フグルサング、モンフォール、ゲルデマン)

・アンディ、順調に調整中
問題なく調整中。
「昨年の同じ時期よりいい」・・これは、本人の決まり文句だったのだが、アンデルセンが使っている。
Diesmal ohne Andy Schleck? (Tageblatt 5/24)

・ツールのメンバー残りは1枠
ジロを途中で撤退したことで、チームは当初予定の変更も思案しているのでは?と憶測している。
スポンサーサイト

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://leonazul.blog87.fc2.com/tb.php/949-886b4d43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)