南の国の太陽、空の色の獅子

Category : 
tag : 


フリードリヒの作品や人物についての直接的な記述ではなく、フリードリヒの作品から、古今東西の様々な芸術作品を連想し、それらとの間に通じる主題を描いている。
著者の提示する概念は「崇高」。
ドイツ・ロマン主義は、かつて自分の趣味の内にあったから、著者の意図は理解できるが、自分にとって、この概念は、「過去の概念」である。

「人間が宇宙の中心にいると感ずることがある」
この感覚は、人が若い時期に、抱く。年を重ねた今の自分には、このキリスト教的世界観よりも、仏教的世界観の方が馴染む。

人間は、世界の中心にはいない。
自己も、真も、善も、美も、すべて空。

本書で言及されているフリードリヒの作品の複数を、自分が見た記憶がないことに、少なからず驚いた。
2005年のドレスデン美術館展に2枚が出品されたとき、長い時間をその前で過ごしたように、フリードリヒは、私が惹かれている画家の1人だ。だが、メジャーとはいえないので、作品をまとめた画集を手にする機会がなかったのだろう。

いずれ少しずつ探したいと思う。すぐではない方がいい。本書に述べられた解釈の影響をなるべく受けないよう、忘れた頃にしたい。

かつての私は、コンスタブルやターナーより、フリードリヒにより惹かれた。
甘美でエロティックなものより、孤独で寂しい輝きを好んだ。
著者が中島敦の文章を引用して述べた「パスカル的畏怖」を、かつて持っていた。
今は失ったが、「崇高」の概念を、かつては、持っていた。
この本は、過去の自分を発掘してみようか、という誘惑になった。
スポンサーサイト

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://leonazul.blog87.fc2.com/tb.php/91-abb2d776
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)