南の国の太陽、空の色の獅子

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  自転車
tag : 
同じ時刻に行われているパリ・ニースとティレーノ・アドリアティコの両方の生中継を見られるのは、恵まれているとは思う。
TVでパリ・ニース、手前のテーブルの上に置いたPCのストリーミングでティレーノ。
その気になれば平行して見られないことはないが、パリ・ニースは終了時間が遅すぎるので録画対応で、ティレーノに集中。

●Tirreno - Adriatico stage1

チームTT。
あらららら。ブチブチに切れてしまった。
リクイガスもタイムはそれほどよくなかったが、まとまってゴールしたのに比べると、バラバラぶりがひどい。

メンバー間の力の差が思ったよりあった、と受け取っておこう。このメンバーでやるのは初めてなのだし。
カンチェに最後までついてこられたのは、アンディ・ベンナーティ・オグレディの3人だけ。
切れるところが画面に最初に映ったのはウェーグマンで、随分早くに切れた、と思ったら、ヴィガノとポストゥーマはその前に切れていて、あの後5人で走らざるをえなかったのだった。

お陰で、5人目のスタムスナイデルがゴール前で力尽きてしまい、離れてゴールして、数秒を失った。
(チームTTで切れるときは先に切れた方が楽で、貧乏くじを引いてしまい、お疲れ様)
オグレディが、スタムスナイデルが離れていることに気づいて振り返るが、カンチェは前を見っぱなしで、千切っていってしまった。

ウェーグマンをちぎってしまったのは事前の予定ではないと思うのだが、コンディションが悪かったとか理由があるのか、それとも予想外の出来事だったのか。この点は後日に判明するかと。

●Paris-Nice

面白いレース展開が続いている。
風景も、萌える木々が春を感じさせて、目に嬉しい。

第2ステージのクラッシュでかなり怪我をしたというヤコブを心配していたが、第4ステージまで頑張って走っている。
(この世界で怪我は日常茶飯で、いちいち苦にしていたら身がもたないので、意識してうろたえないようにしているが、免疫が完全についたとは言い難い)
スポンサーサイト

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://leonazul.blog87.fc2.com/tb.php/857-5dfda6f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。