南の国の太陽、空の色の獅子

Category :  自転車
tag : 
●ADAMSの使い方

アンチドーピングシステムのひとつとして、365日居場所を報告しなければならないシステム(ADAMS)があることは知られている。
選手たちがこぼすのを時々読むが、具体的にどういうものか。

日本アンチドーピング機構が、「ADAMS 居場所情報提供マニュアル」を公開してくれていた。
選手を対象として、使い方を日本語で判り易く説明してある。
自転車のプロ選手たちは、全員これをやっているわけだが、なるほど、こりゃあ面倒だ。

これだと、内緒の彼女の家に泊ることはできないな、とまず思った。
彼女に限らず、その他諸々の「他人に知られたくはない場所」には、一晩たりとも泊ることができない。
そういうことをしたいと全然思わない「健全な」人は苦でないだろうけれど、中にはそうでない人もいるんじゃないだろうか。

管理業務的なマメな作業が得意でない人にも、ストレスになりそうだ。
インターネットで情報を入力するので、申告した予定が変わったら、その都度、更新する作業が必要になる。
うっかり忘れるとか、気づいたけれどPCが手元にないとか何等かの事情で更新しなかったときに、検査官がやってきたら、あわわわ、だ。クリスアンケルが、これで義務違反を2回累積してしまい危なかったことがある。

プロスポーツの最高レベルの人の中には、競技の才能は突出していても、別の種類の能力はダメ、という人がいても当たり前のように思う。
自転車に限らずスポーツ界には、今より昔の時代の方が、破天荒でけたはずれの天才がいて、伝説的な選手として記憶されているように思うが、彼等に、365日PCで居場所を報告する義務を課したら、正確に対応できただろうか。違ったのではないか、という気がする。
現在の選手たちは、オーガナイズされた環境の中で育ってきている。時代の違いというものを無視して、昔がよかったという回顧は、見る側の勝手な言い草なんじゃないか、という感を抱く。(無線禁止問題を連想して)

尚、どうしても内緒の場所に泊りたい場合、朝6時までに、申告した場所に戻る、ということをすれば多分OKだ。
09年から実施されている「60分時間枠の指定」を読むと、検査官が来るのは、朝6時から23時までの間である。とすると、夜23時以降、朝6時の間に行って帰ってくればいい。
朝7時にピンポーンとカバン持ってやってくる、という話はよく読む。でも、朝5時には来ないのだろうから。
・・でも、6時までに帰りつく腹積もりだったのに、事故等の不測の事態で、帰ってこられなくて、不在がバレる、というケースも起こりうるよなあ。(・・TVドラマの発想になってきたような)

●Volta ao Algarve

LEOPARDは、Tour of Oman(2/15-20)に並行して、Volta ao Algarve(2/16-20)に別働隊が参加。
チーム公式サイトは、レース前日にプレビューを掲載するスケジュールらしい。これに目を通しておけばとりあえずOK。

111 GERDEMANN Linus GER
112 PIRES Bruno POR
113 FEILLU Brice FRA
114 WEGMANN Fabian GER
115 ZAUGG Oliver SUI
116 WAGNER Robert GER
117 MORTENSEN Martin DEN
118 CLARKE William AUS

公式サイト http://www.voltaalgarve.com/
スポンサーサイト

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://leonazul.blog87.fc2.com/tb.php/828-abc9304f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)