南の国の太陽、空の色の獅子

Category :  自転車
tag : 
「カンチェラーラの選択」続き。

オグレディという存在

まこと人間関係の把握には時間がかかる。文句なしに年季がものを言い、新参者は苦労する。

カンチェのルクス移籍の第一の理由が、「仲間たち」と共にいることを選んだこと、という解釈は蓋然性が高い、とみていいと思う。
彼の発言の中に、「多数がチームを去って、コンタドールが来て、1人になることに気づいた」という科白があった。

あの文面を読んで、「大勢出て行ったと言うが、移籍する選手は、彼を除いて10人で、数字上では、半分以上はチームに残る。残留する人々の側から見れば、彼の台詞は少々おかしい」というつっこみを思い浮かべた人間は少数だろう。
(デンマークのリース信者が言いそう、という、被害妄想に近いこの発想が自分の頭に浮かんだのは、勿論、「彼のルクス移籍反対派」から、ぎゃあぴい噛みつかれた経験のせいである)

ここで終わらないのが自分。
「どんだけ『1人になる』わけ?」→「彼は、レースでいつも『誰と』一緒だったのだろう?」

この問いに対して、回答が出てこない。彼が本命のファンなら即答できるだろうが、生憎自分が把握しているのは、「アンディとフランクがどれだけ一緒のレースに出ているか」だけだ。

それでは、と、彼が2010年に出場したレースでのチームメートは誰であったかを、調べてみた。
サクソバンク公式サイトのレースリザルトから拾い出して集計。

カンチェラーラが出場したレースは合計16。
そのうち、一番数が多かったのは・・

オグレディ。
16レースのうち、15レース出ている。
春のクラシックも、その後のステージレースも、共にしている。
カンチェが、オグレディなしで走ったのは、ドワーズ・ドア・フラーンデレン1レースのみ。
それと、ブエルタの第10~19ステージ。
周知の通り、オグレディが、第10ステージ直前にリースに追放されたため。

オグレディに次ぐのはブレシェル。14レース。
但し、彼は、ブエルタ不参加のため、日数では、オグレディと9日差がある。
(それでも、ほとんど一緒で、デンマークメディアから「カンチェラーラの陰にいた」と言われたことに納得)

以下、ラーションが8レース。
クレンメ、クック、ホイが7レース。

オグレディは、カンチェのルームメイトだ。
シュレク兄弟が、常に同部屋であったのと同じように、おそらくこの2人も、常に一緒だったのでは。
今年のカタール開始前のカンチェのツイッター
Finally in Doha.Quick transfer to the hotel and go for training with @leopardtrek riders.Looking foward to see my new old roommate o'grady
3:21 PM Feb 5th Twitter for iPhoneから

カンチェラーラは、昨年後半の移籍騒動勃発以降、特定のチームメートの名を、仲のよい友人として公言することを避けてきた、と思う。
しかし、Basler Zeitungのインタビューで、チームメートたちとの経験には、レースに勝つことよりも素晴らしいことがあるんだよ、と言い、その例に挙げたのは、オグレディとのことだった。

オグレディは、シュレク兄弟とも密接な関係にある。アンディは、家族ぐるみの付き合いだ、と言い、フランクも、最上級の親しい関係と公言した。

チーム・サクソバンクの中にあった「緊密に結束したグループ」の正体の理解に、大分、材料が集まった、といったところ。
(過去を知っていれば、もっと簡単だが、今から遡って情報収集するのは困難)


●Fabian Cancellara ne change rien

Fabian Cancellara ne change rien(Le Quotidien 2/8)

カタールの現地で、またも、今季の目標の質問が記者からあり(多分、「L-B-Lを狙うのか?アワーレコードは?」とダイレクトな聞き方だったのでは)、それにはっきり返答した模様。
L-B-Lもアワーレコードも目指さない、目標は昨年と同じ、と。

●Challenge Mallorca&Tour of Qatar 開催中

LEOPARD TREK公式サイトは、レースレポートのアップが早い。サクソバンク並の迅速さ。
また、calendar&resultsのページに、Tirreno - Adriaticoまでの出場選手の予定を記載している。
出してくれないかなあ、と思っていたので有難い。

Challenge Mallorcaのリストは記載していないので、biciciclismoの掲載より。

・Trofeo Inca(3日目)

Dorsales oficiales:
LEOPARD TREK LUX
1 SCHLECK, Andy LUX
3 FUGLSANG, Jakob DEN
5 MONFORT, Maxime BEL
7 VOIGT, Jens GER
8 LUND, Anders DEN
9 ZAUGG, Oliver SUI
11 WAGNER, Robert GER
12 MORTENSEN, Martin DEN
13 PIRES, Bruno POR
15 WEGMANN, Fabian GER
Director: SCHMIDT, Torsten

・Trofeo Deiá(4日目)

Dorsales oficiales:
LEOPARD TREK LUX
1 SCHLECK, Andy LUX
2 SCHLECK, Franck LUX
3 FUGLSANG, Jakob DEN
4 GERDEMANN, Linus GER
5 MONFORT, Maxime BEL
6 FEILLU, Brice FRA
7 VOIGT, Jens GER
9 ZAUGG, Oliver SUI
13 PIRES, Bruno POR
Director: SCHMIDT, Torsten
スポンサーサイト

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://leonazul.blog87.fc2.com/tb.php/818-a4389834
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)