南の国の太陽、空の色の獅子

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  フィギュアスケート
tag : 
「明日車に当たって死んでもいいわ」
ランビエール君のフリーを見ている最中に浮かんだ科白。
こらこら、そう簡単に言うな、ですけど、そのくらい素晴らしかった、ということです。

自分の意識では、ジェーニャはいないものとして横によけてます。第1グループのルータイ君の「プルシェンコもどき」演技を見ているとき、嫌が応にも思い出しましたが、最終グループでは、すっからかんに忘れてました。
最終グループのメンバーは百花繚乱、会場のもの凄いテンションの上がりっぷりがなくても、自分の心臓もバクバクでした。

モチベーションを失って、ユーロを欠場して、東京に来てくれることはあてにしてませんでした。気が変わって、来てくれただけでも嬉しかったのに、これほどまで魅力的な滑りを見せてくれるなんて。
彼の演技の前では、他は全部ふっとびます。

でも、ブライアンには、心から、おめでとうを。
どうしても世界チャンピオンになりたかったのよね。SPで大量のリードがあったので、フリーは安全策をとり、レベルを落しましたが、トリノのジェーニャもそうだったし、いいです。
SPで4-3を決めたのは彼だけです。4-3を跳べない(跳ばない)人に、男子シングルのチャンピオンの資格があるとは私は思いません。だから今年チャンピオンになるのは彼です。
演技が終って、挨拶する彼に拍手しながら、「おめでとう。君がチャンピオンだよ」と心の中で言いました。
インタビューでの最後に何を言うかと思ったら、「サンキュー、ママ」、思わず顔がほころんじゃいました。表彰台では涙ぐんでるし、可愛い可愛い。元々美少年ですから(私はこの子の顔がとても好みなのです)、「ママ」なんて言いだされたら、もう可愛さ全開。
表彰式後、リンクサイドで携帯電話で話していた相手は、「ママ」だったんでしょうか。

(そういや、「ママ」といえば、マザコンで有名だった元世界チャンピオン、ウルマノフと、昨日通路ですれ違いました。その後すぐ、ズーリンさん。ミーハー活動する予定はなかったですが、「まさかディーンさんとか来てないかしら!?プラトフさんとかグエンさんとか」欲がでましたが、今日行き会ったのは残念ながら現役選手ばかり・・目当ては現役より「元」選手の自分)
スポンサーサイト

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://leonazul.blog87.fc2.com/tb.php/8-dc74bce0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。