南の国の太陽、空の色の獅子

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  自転車
tag : 
12/31
Nygaard: “Eine völlig neue Strategie”(Luxemburger Wort)
<紹介>Nygaard breaking traditions with Luxembourg presentation (cyclingnews)
Andy Schleck: "... da gehéiert mir och den Tour"(RTL)

12/30
Andy Schleck nous raconte son top cinq (Le Quotidien)

12/29
Frank Schleck nous raconte son top cinq (Le Quotidien)
Fränk Schleck: "Ech kann den Tour de France och gewannen"(RTL)
Jakob Fuglsang and Luxembourg Pro Cycling Project opt to focus on Tour de France (velonation)

12/27
http://www.cyclingnews.com/news/arvesen-turned-down-luxembourg-pro-cycling-project-role
アルヴェセンは、ルクスとの関わりについて時折ポロリポロリ喋っている。

http://www.gazzetta.it/Ciclismo/27-12-2010/bennati-si-rilancia-712280857582.shtml
ベンナーティのインタビュー
<紹介>Bennati to ride all three Grand Tours in 2011 (cyclingnews)
<同上>シュレクチームの主砲ベンナーティ グランツール全戦出場を希望(シクロワイアード)

いずれきちんと書くつもりだが、シクロワイアードの翻訳記事は、「大元の記事を参照しない」+「書き手の知識の不足」の結果として、「妙にズレた記述」をすることがある。
上の例では、元記事のガゼッタを参照すれば、2011年にツールに出たいとは言っていないことが判る。

なにより、ルクスチームの第一目標はシュレクのツール総合優勝で、ツールのメンバーはそのための布陣を組む。これまでのサクソバンク同様、スプリンターは連れていかない。
向こう3年、ベンナーティがツールのメンバー入りすることはない、という判断は、いたって常識的だと思うが、この記事の書き手は、そのレベルの知識を備えていないらしい。

ついでに。ガゼッタは、11月に、(ディレクターの)グエルチレーナが、ツールだけでなくジロも狙う、フグルサングがジロのエース、と発言する記事を載せた。
自分は、「そんなわけないでしょ。・・勝手なことをペラペラと、大丈夫なのかね、このイタリア人は」
案の定、デンマークメディアに、そうなのか?と聞かれたフグルサングは、アンディをアシストするためにツールで100%のコンディションにする必要がある、ジロに出ると厳しい、と当たり前の返答をし、後日、その通りになった旨の報道が出た。

本人より寧ろ、「ガゼッタが」、自国に都合のいい(ウケのいい)ような記事を作る傾向がある、と解釈すべきか。
スポンサーサイト

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://leonazul.blog87.fc2.com/tb.php/780-2aef2296
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。