南の国の太陽、空の色の獅子

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  自転車
tag : 
●1月6日、チーム・プレゼンテーション

正式発表。会場は4800人収容可能、とある。成程、大規模。
Schleck-Team: Offizielle Vorstellung am 6. Januar (Luxemburger Wort 12/2)

●チームランキングのポイント計算から

ルクスの選手が出揃った所で、UCIがプロチームライセンス交付の基準にしたチームランキングのポイントの確認をしてみた。
(データはUCI公式サイトから)

<ルクス> (2010年度,2009年度)
Andy Schleck 258,334
Frank Schleck 230,212
Fabian Cancellara 254,180
Jakob Fuglsang 130,98
Daniele Benatti 93,84
Jens Voigt 62,42
Maxime Monfort 44,54
Stuart O'Grady 0,87
Linus Gerdemann 16,30
Wouter Weylandt 23,11
Brice Feillu 2,26
Fabian Wegmann 20,0
Oliver Zaugg 1,3
Joost Posthuma 0,1

合計 2294

ランキング2位のラボバンクも、2011年のラインナップを発表済み。

<ラボバンク>
Robert Gesink 369,266
Luis Leon Sanchez 403,211
Oscar Freire 125,48
Matti Breschel 16,117
Carlos Barredo 26,80
Bauke Mollema 104,0
Lars Boom 48,16
Peter Weening 0,62
Maarten Tjallingii 35,22
Paul Martens 4,50
Graeme Brown 13,19
Juan Manuel Garate 6,21
Tom Leezer 14,10
Steven Kruijswijk 10,0
Stef Clement 0,6

合計 2101

*最初に断り。この数字は正確でない怖れが多分にある。見落としがあるかも。
なので、「大体」の数字。
多分、ルクスは大丈夫と思うが、ラボバンクで見落としがありそう。でも、仮に見落としていても、「結論を大きく変えることはない」ので、まあいいやということで。(いい加減)

計算結果から言えること。
ラボバンクとのポイント合計の差が約193ということは、カンチェラーラの434ポイントがなければ、ルクスは1位にはなれなかった、とみなせる。
UCIは、ランキング決定方法の詳細を明らかにしておらず、選手のポイント合計だけでなく、他要素も加味したらしいが、約240ポイントビハインドのチームを1位にすることはなかろう。

つまり、ルクスのライセンス申請書類の中には、カンチェの契約書が入っていた、と考えてよいと思う。
すなわち、カンチェは、「どんなに遅くとも、期限日である10月20日より前に、契約書にサインをした」。

自分はランキングを見たとき、「ルクスが1位というのは、カンチェのポイントが加算されていないか?もしそうだとしたら、UCIへの書類提出期限の10月1日以前に、契約を済ませていたことの裏付けになる。彼を抜いてもトップなのか、あとで計算してみよう」と記した。
が数時間後、「UCIは、書類を追加で受け付ける可能性がある。アスタナの不備に対応した事例がある。契約が10月1日以前とは限らないかも」と気づき、削除した。(11/3の出来事)

その後、「期限日がいつか」を確認できた。
UCI CYCLING REGULATIONS 2.15.120に、移籍のルールの記載があり、ライセンス申請に当たって入れることのできる選手は、「8月1日から10月20日まで」の間に契約した選手、と明記されている。今年度付記された条項なので、今回のライセンス申請にダイレクトに適用されていると思われる。
(現在持ち上がっているFDJのポイントがどうのという騒動を伝える記事の中でも、この10月20日の期限日が言及されている)

レキップの記事(11/5)は、期限の「2日前」にUCIにカンチェの移籍が承認された、という記述をしている。つまり、10月18日。
レキップのこの記述が、裏をとってのものかどうか、は不明。

しかし、「10月20日までに契約書がUCIに届いていたこと」に疑いはなかろう。
10月19日のツールプレゼンで「ルクスには来ないと思うよ」、キュラソーで「まだサインしていないよ」と平然と喋ったアンディ君。・・この子は多分、嘘発見器にも反応しないタイプではないだろうか。記者の皆さん、一杯食わされている自覚あります?(←これが、今回の結論)
スポンサーサイト

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://leonazul.blog87.fc2.com/tb.php/748-ca9d53dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。