南の国の太陽、空の色の獅子

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  自転車
tag : 
●プロチーム・ライセンス

Presse Release - Registration of UCI ProTeams for the 2011 season (11/22)

無事にライセンス獲得。
Brian Nygaard: We've done our homework (cyclingnews)

Twitterをやっているチーム関係者は、みな祝っている。
契約が発表されていない選手も、祝っている。
http://twitter.com/joostposthuma・・発表されていないことを忘れているんじゃないか)

大丈夫と思っていても、正式発表されるまでは安心するわけにいかなかったろう。なんといっても、新規立ち上げのチームなのである。
チームとしての実績ゼロでいながら、最長期間4年を獲れたのは、ファイナンスの保証4年が信用されたことと、シュレク兄弟の4年契約が効を奏したか。

ブレイルスフォードの科白ではないが、「サクソバンクの主力選手・スタッフの集団」がごそっと抜けて作ったチームだから、実質的に「ゼロから始める寄せ集めの新しいチーム」ではないし、先日公表されたランキングで堂々の1位であること、も効いたのだろう。

●良い環境を得ること

それにしても、選手の契約で、4年というのは、普通ない。長くて3年だ。
特殊な事情がないと、これほど長期の固定(拘束)はしない。
今回のチームは、それだけ特殊な事情がある、ということだろう。チームの主、運営資金を約束した主は、シュレク兄弟の同胞、ルクセンブルク人だった。
だからシュレク兄弟は、このチームを、終の棲家、キャリアの最後までの「ホーム」にすることを決めたのだ。
フランクは、あと5~6年と言い、アンディは、フランクが止めるとき自分も一緒に止める、と喋った。

もうひとつ重要な要素は、アンデルセンという信頼するディレクターが、行動を共にしていること。資金を調達できても、選手だけでは、レースはできない。

改めて、「アンディが、いかに環境に恵まれている選手か」を悟る。
新チームへの移籍が不可避の様相になってきた頃、「ツール制覇を望むなら、サクソにいた方がいいのでは?サクソの環境は申し分ないはず。この『強いチーム』を失うことを選ぶのか。かつ、新チームというのはリスクがあるのでは。総合優勝に手が届くポジションまできた今、敢えて1・2年を無駄にするリスクを背負うのか?」とぐだぐだ心配をした。

が、これぞ外野の余計な心配だった。実際には、シュレク兄弟は、「周りの仲間たちが、一緒に動き」、「これまでと同様の環境を維持できる」ことを確保した上で、サクソバンクを離脱したのだ。
あとから考えれば、「仲間たちがどれだけ重要か」を、彼等が判っていないはずはなかった。「仲間たちが一緒であればこそ」、動いたのだ。

新チーム発足は、複数の条件が、うまく重なった結果なのだろう、と思う。ベッカの意欲、不可欠なメンバーたちの契約期限、チーム・サクソバンクのスポンサー問題。
すべてが順調に運んだとは限らないだろうし(どうも、チーム・マネージャーの人選にてこずったような。けっこう問題だったかも)、この先も、此方は「安心」してはいないが、それは、どこのチームにいようと同じこと、である。

アンディは、常に、周りに「互いに信頼し合っている」人々を持っている。そういうチームの中に、ずっといる。
それは、とても素晴らしく、幸せなことだ。
これで、ツールの総合優勝の目標を達成したら、神様が贔屓しすぎではないかと思うが、「神に愛された」人というのは、いつの世にもいるものだ。
その日が来たら、その1人だったらしいね、と受け取ることにしよう。



<追記>

●本日の発表

Zaugg and Posthuma to Luxembourg Pro Cycling Project (cyclingnews)

まだ発表されてないでしょ、と書いたポストゥーマが、11/23付で発表。(これまでより時刻が早いぞ)
彼は、自分より強くないリーダーのアシストは遣り甲斐がない、カンチェならし甲斐がある、やりたい、とカンチェのアシスト志願だったのだが(10/26)、カンチェは、パリ~ルーベはもう出る気ないみたいだから、「あれ?」になるかも。
カンチェの目標設定によって、思惑が狂う人が、ひとりやふたりで済まないような気配。

ザウグは、「ほー」。
クライマー欲しいよね、と思っていたからいいのだが、ツールの席の争い(チーム内の競争)が、凄いことになってきそうな気がしてきた。

これで22人。あと2回で終わるか。本当に、「大トリ」にしたんだなあ。
スポンサーサイト

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://leonazul.blog87.fc2.com/tb.php/737-6e805484
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。