南の国の太陽、空の色の獅子

Category :  自転車
tag : 
振り返って考える。その2。

●7月21日~休息日

コンタドールがドーピング検査で禁止薬物の陽性反応を出した(今の彼にとっては悪夢の)7月21日は、サクソバンクへの移籍の交渉がまとまった日でもあった。
歓び一杯、希望に満ちたコンタドールが、同一年にグラン・ツール3つ勝てると本気で考えてる、とリースに伝えてきたのは、この日である。

同じ日に、(コンタドールとの交渉をリースから知らされていた)カンチェラーラは、契約解除の意向をリースに通告した。
(出典:リースの自伝)

トゥールマレ決戦を翌日に控えたこの日、アスタナとサクソバンクの両チームは、同じホテルに宿泊し、ひとつ屋根の下で過ごしていた。

レースの裏側で繰り広げられていた、相互に絡まる2つのチームの明と暗の出来事を知っていたのは、天上の神だけか。

●7月22日~カンチェの日記

リースの自伝の記述は、色々な話題を呼び起こすが、カンチェが7月21日にリースに契約解除の意志を伝えた、という事柄から、あ、と思い出したことのひとつ。

カンチェは、ツール期間中、2回、自分のHPに文章を載せた。
2回だけ、である。1回目は第1ステージ終了後の7月4日。次は第17ステージ後だった。
第17ステージ、トゥールマレ決戦、7月22日。

この日の記述を読んだ当時の私は、彼がサクソバンクを離れるつもりでいる、と想像していなかった。
だから、第19ステージ後の発言と併せ、今の仲間たちと共に闘うのは今年で終わる、という愛惜の情を汲み取った。
アンディに関する言葉も、彼を守ってツールを走るのはこれが最後ということが背後にあるのだと解釈した。

今、当時の自分の受け取り方が誤っていたことが判った。
この文章を書いたとき、彼は既に、「コンタドールが移籍してくる」サクソバンクを去ることを決めていた、のだった。


22.07.2010

This Tour de France has had lots of highs and lows for me. For the last five days I've been suffering from a cold, but I've still tried to give it my all for the sake of the team. Giving up was not an option. This also goes for my teammate Jens Voigt, who had a pretty bad crash today.

Despite the pain we are determined to see Paris. This might seem crazy, but our sportsmen's hearts don't permit anything else. Today's 17th stage from Pau to the Col du Tourmalet was very tough once again. But since our team is fighting for an overall win, we have a target to focus on every day.

That makes our job exciting. Even though Andy Schleck was not able to win back the leader's jersey, we were delighted with the stage victory. The mood within the team is very upbeat. We racers can at least sit together quietly for a few minutes now and again.

Our staff have a much tougher job, working day and night. During the race today I said to Andy Schleck that I will be happy to be able to look after my daughter again soon and not to have to focus on him quite so much, and we both laughed about that. Cycling in a team like this is fun.

Helping out is important to me, because I want to give something back. Tomorrow we face a 198-kilometre transition stage from Salies-de-Béarn to Bordeaux. I hope that in such a renowned wine-producing area we'll have reason to enjoy a glass of wine in the evening. I'm not yet thinking about the time trial the day after tomorrow. First I need to properly recover from my cold and get my strength back again.

The time trial on Saturday will give us a clearer picture of whether we will be able to cycle into Paris as the winning team in the end. Andy Schleck will once again give it his all to try and make up the eight seconds that stand between him and Alberto Contador. See you soon, Fabian .


今、一文一文を読み返すと、7月に感じたものとは異なる彼の姿が浮き上がってくる。

●7月25日~シャンゼリゼ

このとき、3人の間で、「来年またがんばろーね」という結論が出ていたのかそうでないのか、自分は長いこと判らなかった(自信がなかった)。

今になれば、「鈍いもいいところだよねえ。彼のファンだったら、勘づいたんだろう。『カン』が働く。じゃなくて、彼のパーソナリティを正しく把握していれば、外すことはなかった」

ついで。
自分がちょっと受けた写真。
wortが、カンチェもルクスとすっぱぬいた時、politiken.dk が使ったもの
スポンサーサイト

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://leonazul.blog87.fc2.com/tb.php/725-7904f322
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)