南の国の太陽、空の色の獅子

Category :  自転車
tag : 
●アンディのインタビュー

一夜明けると英語訳が。(いい加減な日本語訳を書くんじゃなかった)
Andy Schleck hopes Contador can prove innocence (cyclingnews)
Schleck says he signed for four years, no title name decided yet for Luxembourg Pro Cycling Project (velonation)

とはいえ、元記事がネット上にあるときは、そちらも見ておく方がいいと思う。英語記事がどの程度手を入れるか(元記事から離れるか)は、その時々によって違うので。

●クロイツィゲル

中野さんが来季アスタナへ行く、という記事
可能性はあると思った。クロイツィゲルは、まず間違いなく来て貰いたいと思っている。自宅にまで来て貰って世話して貰っているのだから。エース待遇のオファーなので、要望すれば、アスタナからはOKを貰える。あとは、中野さんの意志の問題だろう、と。

でも、よし、来季はツールのエースだ、と思ったら、ヴィノクロフが、ツールは自分が狙う、クロイツィゲルはアシストで、他のGTのエース、と発言した記事が出て、ありゃ、とこけた。
ただ、ニーバリも、来季ツールのエースではないので、収まる。リクイガスは、ツール・バッソ、ジロ・ニーバリ、と割り振った。

来年のツールは、アンディ、ニーバリ、クロイツィゲル、ヘーシンク、と25・26の若い世代の争いになるか、楽しそう、とのほほんと思っていたら、おっさんたちが、まだ諦めん、若造には譲らん、と出てきたと。
そう言われればそうよね、となるが、そうすると、24なりたてからエースになり、この先もトップチームでのツールのエースの地位が保証されているアンディは特別なんだよなあ、と気づく。
(*上のリストにコンタドールを入れていないのは、「いないだろう」という意味ではなく、彼は「別格」で、他チームのエースに若手が揃うぞ、という意味。念のため)
スポンサーサイト

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://leonazul.blog87.fc2.com/tb.php/708-a249c54d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)