南の国の太陽、空の色の獅子

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  自転車
tag : 
後日に振り返って考える。

●ブエルタのアンディ追放事件

・後日に手に入った情報、その1
フランクは、(いつものように)アンディと同室だった。
CICLISSIMO no.21の、アンディのトランクの中身拝見の記事で、裏がとれた。(インタビューが行われたのは、追放される前日の休養日)

意味することは、「フランクは、『アンディが帰ってきた時刻』を知っていた可能性が高い。リースが口にし、メディアが広めた『朝5時』だったのか、アンディの当初の説明として報じられた『1時』だったのか、それ以外なのか、『事実』を知ることのできる立場にいた」

・その2
「アンディの帰ってきた時刻を知っていたと思われる」フランクが、シーズン終了後に、事件直後は表で言わなかった「本音」を、口から出した。
彼は、本心では、リースの決定に反対だった。アンディを罰して追放したことを納得していなかった。
アンディ本人も、フランクと同じ考えであることを発言した。

・その3
事件の起こった1回目休養日(9/6)の日中に、リースとカンチェが「将来に関する件で」会談した蓋然性が高いことは、事件直後から把握していた。(9/10 【Vuelta2010】アンディの帰宅

9月10日時点では判らず、その後に判ったこと。

カンチェは、7月21日に既に、契約解除の意向をリースに伝えてあった。(出典=リースの自伝
すると、ブエルタの会談でのカンチェ側の態度は、「意向に変わりはない。そちらの要求する金額を払うから、額を回答してくれ。1カ月以上待った。決着をつけたい。返事が欲しい」だったのではないか。

リースが一旦帰り、次にブエルタに来る予定であった9月17日に、カンチェは、ディレクターのマクギーに黙ってリタイアして、ブエルタを去った。晩に来るリースとは、すれ違いである。
翌18日、リースは、カンチェの離脱を発表した。加えて、チームの許可なく去った彼の行動を非難する発言をした。

「アンディの追放」に、「カンチェの離反」をリンクさせた解釈を、よそで見かけたことはない。
これは、私個人の思いつきで、妄想と言われるのは承知している。
カンチェの去就を気にかけていた自分は、「ブエルタの休養日にカンチェとリースが会談する」ことを明確に意識していた。そのことが、連続して起こった2つの件を結びつける発想を生んでいる。
よって、無理があるなり、反証なりがあれば、お知らせいただきたい。成程そうだな、と納得すれば撤回する心積もりがある。
と断った上で、続き。

9月6日にリースがカンチェとした会話は、闇の中だ。リースは、カンチェが自分の元から去りたい理由に納得できたのか。考え直してくれと説得を試みたのか。

移籍先を、カンチェは明かさなかったと思う。現在に至るまで伏せているのだから、このときも口を割ってはいないだろう。
だが、「シュレク兄弟に合流するのだろう」もしくは「するのではないか」という想像をリースがしなかったことは考え難い。
BMCだと思っただろうか。そうであったら、リースはカンチェの気持ちを理解していなかったことになる。カンチェのパーソナリティと、今の彼の心理を理解できたなら、彼が「どこを選択したか」の推察を間違うことはなかっただろう。
これは、リースの心の中の話になるので、どこまでいっても憶測の範囲である。2人の会話の内容と共に、窺い知れない闇の中。

いずれにしても、カンチェとの会談が、リースにとって「面白くない」ものであったことには違いないと思う。腹の虫の居所が悪くなっている彼が、アンディとオグレディ、「一緒にやろうよ」とカンチェを誘ったであろう2人が、夜更けにご機嫌な風情で帰ってきたのを目にしたとき、思わずカチンときた。・・としても、不思議はないのではないか。

特別狭量な心理ではない。カンチェは、来年まで契約があって、チームに残るのが筋だった。4月に話をしたときは、残ると言った。(リースの自伝によれば)
「筋を曲げて」、シュレク兄弟たちが奪い去って行こうというのだ。仕方ないと鷹揚でいられるとしたら、よくよく心の広い、仏さまのような人だろう。

・結論
「9月6日にリースがどういう気分でいたか」という観点を考えると、「9月7日の朝、リースがアンディとオグレディを追い払ったのは、前日にカンチェに振られて、機嫌が悪くなった八つ当たり」ではないだろうか。(難しい言葉を使わず、平たく書くと)
スポンサーサイト

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://leonazul.blog87.fc2.com/tb.php/699-c713ca11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。