南の国の太陽、空の色の獅子

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  自転車
tag : 
アンディとオグレディの2人が、6日の休息日、夕食後に飲酒し、チーム規則に反したという理由で、翌朝リースに帰宅させられる。(第10ステージ未出走)

http://www.velonation.com/News/ID/5571/Andy-Schleck-and-Stuart-OGrady-out-of-Vuelta-for-violation-of-teams-rules.aspx
http://www.cyclingnews.com/news/updated-andy-schleck-ogrady-removed-from-vuelta
http://www.cyclingnews.com/news/riis-explains-schleck-and-ogrady-expulsion

・オグレディの言い分
The Australian
http://www.theaustralian.com.au/news/sport/saxo-bank-drops-stuart-ogrady-and-andy-schleck/story-e6frg7mf-1225915776866
(引用)
http://www.velonation.com/News/ID/5583/OGrady-unhappy-with-exclusion-from-Vuelta-says-Riis-over-reacted.aspx
http://www.cyclingnews.com/news/ogrady-rethinks-his-world-championship-build-up-after-vuelta-expulsion

・ルクスの報道
http://www.lequotidien.lu/index.php/les-sports/14998-Cyclisme-Les-dessous-dun-rglement-comptes.html
http://www.lequotidien.lu/index.php/les-sports/15040-Cyclisme-Une-histoire-qui-termine-mal.html

・フランクの反応
http://www.velonation.com/News/ID/5588/Frank-Schleck-responds-to-brothers-ejection-from-Vuelta-OGrady-blames-team-tensions.aspx


報道が大体出そろったところで一度整理しよう。
「朝5時まで飲んでいた」と、チーム(リース)側の発言としてメディアが広めたが、2人は否定し、言い分が異なる。
事実は不明。

冷静に判断するのは、易しくない。
いい気分にはならない。誰もハッピーにならない。誰も。
だが、誰かを批判する意欲も、擁護する意欲も、ない。

現段階で自分の意見を言えば、「チーム・サクソバンク分裂のとどのつまり」
そう受け取るのが、妥当のような気がしている。

別の言い方をすれば、ルクス(アンデルセン)組は、「自分たちが、『ビャルヌ・リースのチーム』を破壊した」ことの重大性の認識が少々足りなかった、のではないか。

私は、アンディを応援するファンだが、リースの立場に身を置いて考えることも、する。
今のビャルヌ・リースに、私は、フランク・ウィリアムズの名言「ドライバーはいつか去るが、チームは残る」を思い浮かべる。
応援するドライバーがウィリアムズに在籍したとき、利害が反する局面もあったが、私は、己のチームを守り続ける誇り高きチーム・オーナー、フランク・ウィリアムズを、尊敬している。

おそらくは、離脱組たちが、離脱確定後に「ビャルヌ・リースのチーム」でレースを続けることには、無理があった。

フグルサングは、デンマーク1周レース後、チームのマネージメントからほっておかれている(無視されている)、という。
ブレシェルは、ブエルタ参加を強く望んでいたが、リースは彼の要望を却下した。

・・あくまで、解釈のひとつ、である。見方・受け取り方は、色々あると思う。
ただ、自分は、酒を何時まで飲んだ、という事柄は、重視しない。

事件の本質は、「別」だと思う。



ざっと見たところ、「明確にリンクして」指摘はされていない件を書く。

「事件当日」の休息日に、リースは、カンチェと会談した。と思われる。

http://www.cyclingnews.com/news/riis-defends-his-decision-to-punish-schleck-and-ogrady

はっきりとそういう記載はされていないが、前後の事情から考えて、事前の予定通り、会談は行われた、と思う。

Riis has secured his team leader for the Tour de France but admitted that he is still trying to convince Fabian Cancellara to stay with Saxo Bank for 2011 and lead the classics team.

We’ve talked and we’re still talking. For the moment he’s staying. He’s still got a contract for another year…”

(現在メディアの間では、カンチェは移籍を考えている、という見方が支配的で、それを前提にした文章を書く。その抑えは必要)

この文章からすると、リースは、カンチェに納得して残って貰うべく、努力をしている。カンチェは、はいわかりました、残ります、という最終回答をしていないので、「話合い継続中」と思われる。
残留が決まっていれば、リースがメディアにぐたぐだいう必要はない。「残留する」の一言で終わっていい。

私の推測では、カンチェとリースとは、この件を今までずっと話しておらず、この日に、リースは「初めて」、カンチェがどう考えているかを聞いた。
カンチェ側は、腹を据えて、ぶっちゃけて話したろうが、それを聞いたリースの心の内は果たしてどうだったのか。

カンチェと会談した翌朝、リースは、アンディとオグレディを、ブエルタから追放した。
スポンサーサイト

コメント

再開されて嬉しいです。
ロードレースの記事を再開してくださって、ありがとうございます。またたくさんのリンクを紹介してくださって、ありがたいです。
今、ブエルタの放送を見ていますが、栗村さんも「アンディは5時まで飲んでた」が事実のように話していましたね。イメージダウンになっていませんように。。
2010/09/10 23:47URL  pan-tora #-[ 編集]

初めまして
初めまして、RIHOさん。
瞳子と申します。
RIHOさんの書かれる記事は的を得ていて拝読すると頭がすっきりし、
かつ滞った思考回路を刺激されるので、日々楽しませていただいております。

わたしは、カンチェがリースと話をしたようだということを知らなかったので、
この記事の最後の一文でカンチェのルクス入りもあり?!とドキッとしてしまいました。
わたしもアンディファンですが、
リース監督の今までの様々な判断がチーム運営の総責任者として納得いくものだと思う反面、
サクソの移籍にまつわる(と思われる)混乱は、兄弟が新チームに移ることに端を発したのではなく、
そもそもリース監督のチーム運営に問題があったのではと思ってしまいます。
選手やスタッフからの信頼が得られていないのでは?と。

まったくの想像ですが、現在のリースは自分の理念に基づいたチーム作りというより、
チームを存続、維持することが一番の目的、選手はそのためのただの駒の一つ、という感じがします。
でなければ、給料やチームでの役割というシビアで現実的な問題があるにしろ、
これだけ選手やスタッフがごっそり移籍することはないだろうと思ってしまうのです。
もちろん、理念を実現するためにはチームが存在することが必要不可欠であることは承知しているのですが。
わたしはアンディファンですが、サクソバンクというチームも好きだったので、
そのチームを作りあげたリース監督と選手の間に溝が出来ているのだとしたら寂しい限りです。
2010/09/11 01:25URL  瞳子 #-[ 編集]


よかったです~~

これからもたのしみにしてますね。

表向きはフランクもアンディの間違いだったとコメントしてますよね。。。
フランクがカンチェを誘ったとも言われてるし。。

はやく決着つけてくれると心配しなくていいのですけど…
ブエルタで少ない人数で頑張ってるSAXOか寂しいです…
2010/09/11 06:07URL  hanahana2 #-[ 編集]


●pan-toraさん

またまた早速のご訪問とコメントを戴き、有難うございます。
最初に、速効で、お声かけてくださって、救われました、本当のところ。
今後ともどうぞ宜しくお願いします。

Jスポ実況陣は、濃い情報収集をしていないので、特定対象に特化して情報収集をしている身は、「その発言、間違っているぞ」というときはありますよね。

今年の初め頃、サクソバンクの後継スポンサーが決まった、と言ってみたり。
世の中、ネットで海外ニュースを探すことはせず、Jスポの放送だけ見ているレベルの観客が多いので、「事実でない情報を広めるなよ~」と思うこともありますが、しょうがないですね、ケチつけても。

>イメージダウンになっていませんように。。

はーーはーーはーーー
なるほど。
言われるまで気づきませんでしたが、今回の件が「アンディのイメージダウン」という結果をもたらすなら、リースと(スポンサーとしての)サクソバンクの「利益」になりますね。

今年、「人気」の面では、アンディはツールを制覇した、と言われてます。
勿論、勝者としてコンタの商品価値は高いですが、パーソナリティの魅力という点で、アンディがコンタに勝ってる、らしいです。
そのアンディの価値を多少なりとも下げたなら、サクソバンクには都合いいですよね。

それを図った、という主張はしませんよ、そういう効果があったか、と気づいただけです。

自分は、JsportsPlusしか契約していないので、1と2で放映する今週は、ストリーミング観戦で、昨夜はドイツ語放送を見ていたのですが、「アンディ・シュレック」という固有名詞が、けっこう聞こえるんです。
いないのに、なんでや、何言ってるの~、それとも、聞き違える他の似た発音のものがあるのか?と首を傾げていました。
2010/09/11 22:08URL  RIHO #-[ 編集]


●瞳子さん

はじめまして。
コメント有難うございます。

お書きいただいた内容は、私の記述より、的を得てらっしゃいます。

実のところ、自分の頭の隅にも、ありました。でも、書くことはしないでいました。

当初、チーム・サクソバンク崩壊の原因は、経済的な問題(スポンサー問題)、という理解をしていました。
しかし、コンタドールを獲得し、スポンサーが決まり、「来季ツール制覇がほぼ確実になる」一発逆転劇で、情勢は変わりました。
資金問題は、一応、なくなったはずです。(確証はありませんが)

ところが、その後の選手たちの動きを見ていると、どうも変です。
ルクスチームに行く選手たちは、ただ単に、「金」とか、「お友達」だから、なのか?

疑念がもぞもぞ湧いてきましたが、今の段階では、すべて憶測に過ぎません。
ルクスチームが正式発表され、チームの理念や方針、選手たちのコメントが色々出てくれば、「チーム・サクソバンクになくて、このチームにはあるもの」が判るのではないか。
それまで、待とう、といわば凍結していました。

でも、今回の事件で、「リースと選手の間の信頼関係が失われた」ことを示す光景を見てしまいましたね。

私が、一番気になったのは、オグレディです。
彼が、今回のブエルタで、「プロとして不適切な行動をした」というのは、どうにも腑に落ちないのです。

帰国した彼は、明確に、不満を述べています。
彼は、6年、リースのチームにいました。ブエルタが、最後のレースでした。
6年いたチームでの最後のレースの途中で、リースは、いきなり、彼を、お払い箱にしたんです。
2人の間に何があったんでしょう?

外部の人間には、何も判りませんが、本当に、寂しいですね。
あんなにうまくいっているようにみえていたチームだったのに。

リースとカンチェの会談は、サクソチームのソースによると、リースがブエルタを訪れる最初の休息日の9/6(月)に行われる見込み、とCNが9/3付のニュースで伝えていました。
カンチェのHPの記述と辻褄が合います。

もしも離脱が認められたら、彼がどこに行きたいと思っているのか、私には、判りません。
目下のところ、決め手になるものはありません。

私はずっと、彼は残ると思っていました。
相当に強い意志がないと、引き留めるリースを振り切れるとは思えません。そこまでの気持が、彼にあるんでしょうか?
彼は、残るのが筋なんです。もし契約を破るとしたら、それは、リースとの間の信頼関係が失われて、修復不能であることを意味すると思います。
そうだったら、こんな寂しいことはないでしょうね。

宜しかったら、またご意見をお書き戴けたら嬉しいです。
お待ちしております。

次は、こんな長いレスは書かないと思いますが・・(刺激されて、思わずずるずる、掲示板状態)
2010/09/11 22:30URL  RIHO #-[ 編集]


●hanahana2さん

いや~、お騒がせして、すみませんでした。
あっというまに復活する、単細胞です、ホント。

問題が、ちゃんと収まって、気持よく、楽しくレースを見たいですよね。
人間関係がぐちゃぐちゃになってるのなんか誰も見たくないわけで。

フランクは1人でなんとか頑張ってますね。
このあとのステージのコースマップ見ると、強烈で、ため息つきそうですが。

とまれ、今後とも宜しくお願い致します。
2010/09/12 00:57URL  RIHO #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://leonazul.blog87.fc2.com/tb.php/641-05879dff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。