南の国の太陽、空の色の獅子

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  自転車
tag : 
08年ツールのディナーパーティーレポートで、CSCからサクソバンクへの引き継ぎの記述を読んで、思い出したことがある。

自分は、サクソバンクのスポンサード方針の豹変(今年1月に1年前倒しの終了通告、半年後コンタドール獲得発表時に撤回)を愉快に感じないと書いたが、彼等が08年にリースサイクリングへのスポンサードをスタートしたとき、「単独スポンサーを務めるつもりはない」方針であることを、明言していた。

共同スポンサーの予定だったIT FACTORYが、詐欺事件で破産して、ドタキャンになった。発覚したのが新体制発表のチームプレゼンテーションの前日で、サクソバンクは今更引くに引けず、騙されたような話だったろう。
その後、IT FACTORYの代わりになるスポンサーをみつける必要がある、と此方は理解していたが、09年シーズンの間、いつまでたっても名は出て来なかった。

レース観戦をするファンは、レースを見ながら「金繰りの心配」は普通しない。だが自分の場合、「チーム運営するには金が必要。金を調達しないとレースはできない」という認識が、F1で叩きこまれているので、リースサイクリングの資金繰りには、不安を拭いきれなかった。

09年のチーム予算中、シーズン前にIT FACTORYから入るはずだった金額は、ショートしている。理屈上そうなる。ショートした分はどうしたのか?
自分は「OVERCOMING」を09年に見た。あの中で、資金調達の悩みを抱えたリースが、「自己犠牲は続けられない。食べていかれなくなる」と、自腹を切るような科白を吐いていたが、今回、サクソバンクが、当初の予定より負担をしたことは考えられないか?チームの活動を続けるためやむをえず。

これは想像にすぎないが、もしもそうだったなら、サクソバンクが、2011年までだった予定を前倒して2010年で終了することにしたのは、彼等からすれば道理のあることで、リースは不満をいえる立場ではなかった。
スポンサードの金額は別にしても、「スポンサーは共同という当初の約束」を違えたのはリースの方で、サクソバンクではなかった。

企業がスポーツ活動へのスポンサードを行うとき、企業内に推進派と反対派がいて、その力関係の揺れによって方針が変わることは、F1で見慣れている。
サクソバンクが打ち切りを通告しながら半年後に翻したのは、個人の判断ではなく、組織の決定としてそうなったのかもしれない。サクソジャパンの人の記述を、うそくさいと切って捨てたが、ありえなくはない、と気づいた。

そして、チーム・サクソバンクの大変動の元は、「08年のCSCのスポンサード撤退決定から始まった、足掛け3年に渡る、リースサイクリングの資金繰りの問題」という解釈は成立しないか?

選手たちの多くは、深く関知はせず、真剣に悩んではいなかったかもしれない。しかし、多少、経営が判る人間には、このチームの財政の不安は判っていたと思う。
アンデルセンが、ルクセンブルクチームのプランをいつスタートさせたのか不明だし、経緯も本心も判らない。今後も、事実を公表することはないのかもしれない。
ただ、新チーム発足という計画は、「資金のあて」がないと進まない、と思う。こう言ってみよう、「リースとアンデルセンが夫々、いつ、どれだけ、資金を調達できたか」が、今回の結果をもたらしたのだ、と。・・この発想は、(見事なくらい)F1の援用だが。

いまだに、この件の経緯の事実は判らない。あちらのメディアでは、リースが「4月に」コンタドールにオファーを出した、という説が流れたらしいが(CYCLE SPORTS9月号のTdFの記事内)、これが当たっているなら、諸々の事情は一体どうなっていたんだ?と首を傾げる。
スペシャライズドが、コンタドールをかついでサクソバンク入りを企てたのは、いつからだったのだろう?

コンタドール側は、いつ決めたのか?アスタナ側は、彼はTdFスタート前に離脱を決めていた、と(今は)推測しているふしもある。(スペインメディアを漁れば真実の記述がありそうだが、マクラーレン時代のアロンソを巡るスペインメディアの自己中心ぶりを知って以来、「彼等のチャンピオン」を巡る報道からは距離を置きたいのが本音)
事実は闇の中だが、ひとつだけ、シュレク兄弟のルクスチーム入りの意志だけは、かなり早い時期に確定したのではないか、と思う。リースの言ったように、それがないと、チームのプランが進行することはありえないから、が理由。

●ルクスチーム関係

アンデルセンが、ラスムッセンの獲得を否定。
デンマークメディアは、ラスムッセンの話題で延々盛り上がっていて、こっちのチームにも御鉢が回ってきた。
「年いってるからなあ。うちは若い選手中心を考えてるのよ」は、お茶を濁したような感じもするが、「あの~、フォイクトとオグレディは?」というつっこみはなしか。

Anders Lundが、サクソバンク離脱をアナウンス。ルクス組が噂されている1人。
スポンサーサイト

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://leonazul.blog87.fc2.com/tb.php/611-76abc5cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。