南の国の太陽、空の色の獅子

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  自転車
tag : 
■リースサイクリング

リースが、明日11:00、コペンハーゲンで記者会見を開く。
これまでの情勢から、スペシャライズド+コンタドール説で確定で、此方もそのつもりで腹を括っている。(*)
速報は、多分、spn.dkが速い。(ツ-ル前日のプレカンをライブで伝えた)

■ルクセンブルグチーム

アンデルセンの発言からすると、こちらは、9月にならないと発表できないらしい。

ドイツ人選手の情報は、ドイツメディアが書く。
http://www.radsport-news.com/sport/sportnews_64778.htm
http://www.sport1.de/de/radsport/newspage_269359.html
ミルラムの消滅で、ドイツ人選手たちが行き先を探している中、ルクスのチームが受け皿のひとつになりそう、という話。
ゲルデマンの名は、早くから出ていた。これに加わりそうなミルラムの選手が挙げられていて、フォイクトは、その付けたし。(デンマークメディアの取り上げ方と違うところが面白い)

フォイクトは、ツールの少し前まで、今年で引退という話が出回っていた。昨年、今季の続行を決めたとき、リースは、選手を辞めた後スタッフとしてチームに残ってほしいような話をしていた。
それからすると、リースは彼に来季のオファーを出していなかったのかもしれぬし、出していても、キムのオファーの方が、条件がよかったのでは。アルヴェセンが移籍を決めたときのように。
もしそうだとすると、オグレディもルクス、という憶測の理由もみえてくる。

その他のサクソからの移籍組の憶測は、異なる説が入り乱れている。明日、ある程度判るかもしれないので、追及はやめておこう。
ひとつ、カンチェラーラについてだけ。

カンチェは、もし来季まで契約が残っておらず、自由に選べる立場だったら、どこを望むのか、本心は判らぬが、契約があるのが現実の大前提で、「昨年のウィギンスのような」真似はしたくないのだろう、と思う。ウィギンスの強引なスカイ移籍は顰蹙を買い、当時アンディも、信じられない、と批判していた。
彼も、残りのキャリアで何を目指すか、きちんと考えて1年1年を過ごしていかねばならぬが、来年は契約を全うして、2012年からどこで走るか、貰ったオファーを見比べて、決める、ということになるのではないだろうか。

(*)「腹を括る」の意味=「スペシャライズドが、コンタを支援したくて、セットで来るう??なによそれ!!」が噂を聞いた最初の反応だったため。
平然としていた皆様は偉い。こういう展開を予想していた人がいたら、教えてほしい。私は腰が抜けるかと思った。(修行が足りない。全然足りない。F1では、もう長いこと大抵のことには動じないのに)
その後、「サンタンデールが、札束みせびらかして、フェラーリにアロンソを押しこんだのと変わらんか・・直接のライバル同士のマクラーレンから、アロンソをエースに据える条件でフェラーリ来たんだし・・」
スポンサーサイト

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://leonazul.blog87.fc2.com/tb.php/574-96b3bd77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。