南の国の太陽、空の色の獅子

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  自転車
tag : 
1年前、自分の自転車ロードレース観戦のレベルは、「ど素人」、超初心者だったため、アンディが山でちぎれたことをウダウダ気にした。
レベルが少し上がった今年は、「ちぎれても、気にしない」スタンスで臨む。

今季の彼は、原則的に、ツールの総合「しか」狙っていない。
4月のアルデンヌクラシックを、もうひとつのターゲットにしていたが、彼にとって絶対的ミッションは、コンディションをツールに合わせることで、アルデンヌも、それに支障のない範囲。
7連覇当時のランスほどではないが、「狙ったレース以外のレースの捨てっぷり」は徹底している。
ランスは、レース自体にあまり出場しなかった(といわれている)が、アンディは、出場して、捨てる、ということをする。

いや、怪我や病気で、頑張りたくても頑張れなかったことが多い、という見方はあると思う。が、目先のリザルトには拘らず、無理をせず、ツールのためのコンディション調整に専念して日々を過ごす方針であるには違いないと思う。

カリフォルニアで、山でちぎれ、リザルトを全く出さなかったことについて、リースがわざわざ言い訳をしたのは、どこからか批判があったか、他に理由があったのか。
本人はもっと頑張るつもりがあったのを、プロトンに戻れ、と自分が指示した、と責任を被っている。
2人のエースを連れて行っても、ToCが当初から調整レースであることは、素人観客以外は知っていたことで、説明の必要はないように思うが。
スポンサーサイト

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://leonazul.blog87.fc2.com/tb.php/521-844cec7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。