南の国の太陽、空の色の獅子

Category :  フィギュアスケート
tag : 
アイスダンスFD終了。
ドムシャバが最終滑走とは、よくできた順番である。
約半世紀の間フィギュアスケート界に君臨したロシア帝国の終焉の演技になった。

前回トリノの時点で、次の五輪ではロシアは金を取れない、と判っていたが、いざ現実になると、「私は外国人だから、溜息で済むが、当事者たちの打撃はいかばかりか」と思う。

一時期の最悪の環境からは脱して、段々とよくなっているという話は読んだことがある。でも、ジュニアを見ると、ペアは育っているようだが、ダンスはカナダ・アメリカ勢がどんどん出てきている。シングルは勿論ダメ。

タイムラグがあるから、数年我慢すれば出てくる、と希望を持っていいと思う。だが、ロシア人コーチたちがこれだけ他国に散って、北米・アジアの選手たちを教えていたら、こうなるのは必然の結果で、栄華は2度と戻るまい。

時が流れるとは、こういうことだ。
スポンサーサイト

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://leonazul.blog87.fc2.com/tb.php/437-6af4ecb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)