南の国の太陽、空の色の獅子

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  フィギュアスケート
tag : 
今週末GPFですが、事前の情報で、マズいのがランビエール君。
国内選手権で、ジャンプメタメタ、狂いっぱなし、転びまくり。GPF出ない方がいいのでは?というくらいの絶不調(大乱調?)。
この人って、やっぱり、かなりヘン。というか、アーティスト気質で、盛り上げてもらって、やる気になると、いきなり素晴らしい演技するけれど、モチベーションが下がってると、全然ダメみたい。
昨季も、シーズンほぼ休んで、スイス国内出た後、ヨロ選辞退して、世界選も出ないのではという状態でしたから、もはや、「あてにしないで見ているのが正解」なのかもしれません。

安藤美姫ちゃんも似たタイプかも。NHK杯のぼろぼろぶりは悲惨でした。でも、昨季の世界選を見た身は、「気持ち」が持ち直せば、これからまだ充分やれる選手、という思いを持ちます。
上下があるのは仕方ないので、常の活躍は期待せず、見守っていきたいものです。
(一般世間はそうじゃないのは、辛いところですが)

病気でエリックを欠場し、GPFにいないジュベール君は、病み上がりながら、国内選手権をまあまあ凌ぎました。
GPFはどうでもいいから、世界選までにコンディション上げてくれればと思います。
ヨロ選もどうでもいい、というのはこっちの勝手で、ご本人はヨロ選のタイトルは守りたいみたいです。
彼は、闘うモチベーションをしっかり持ってるから大丈夫、怖いのはやっぱり病気と負傷。昨年、世界選の少し前に怪我したんですよ、ニュース読んだときぎょっとしたものです。

私が彼を応援する一番の理由は、「絶対にクワドを跳んでやる」という確固たる意思を持っている、ただ一人の牙城であること。
「男子は跳んでなんぼ」です。「ジャンプのレベルが他者より劣っても金メダルを取れる」のは女子だけでよろしい。
ジョニーは今季好調が続いていますが、「表彰台のてっぺんに立つつもりなら、クワド跳びなさい」と思っております。
スポンサーサイト

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://leonazul.blog87.fc2.com/tb.php/34-8b85cc22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。