南の国の太陽、空の色の獅子

Category :  自転車
tag : 
■フランクの位置

総合狙いと目されているメンバーの中で、「全然目立たない」ままここまできたのが、サストレとフランク。
サストレは、「これが彼のスタイル」で、この後のアルプスで昨年のように力を発揮するか、ごろうじろ、だろう。但し、昨年と大きく違うのは、昨年彼を支えたチームメートたちが今年は敵。

フランクは、いまだに判らない。
アンディは、複数回アタックをしている。第8ステージの他、第12ステージの序盤の激しいアタック合戦に参加していたことを記事で知った。

アンディの位置は、平坦では、中盤まで集団の中ほどで、終盤に、前に出てくる。彼には、カンチェがついている。集団の中にいるときはカンチェが彼を引き連れる。(頼もしいボディガード)
アスタナのトレインが組まれ、動きがある可能性のあるときは、アスタナトレインのすぐ後ろにつく。
「アスタナのすぐ後ろ」が彼の「定位置」だ。

そういう動き方をしているので、非常に「判りやすい」のだが、フランクはというと、「どこ?」。
時々みつかるが、大概は位置を把握しないまま、レースが終わる。アンディの前に来ればわかるのだが、来ない。
リザルトをみると、ちゃんとアンディの近くでゴールしている。でも、ほとんどアンディの後ろ。

昨年のサストレと同じパターンといえないことはないけれど、アンディばかりを動かすのはどうも腑に落ちない。正解は、待てば、判るか・・
スポンサーサイト

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://leonazul.blog87.fc2.com/tb.php/320-536d7612
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)