南の国の太陽、空の色の獅子

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  自転車
tag : 
・ランスがツールに帰ってきた

整然と、スムーズに進んでいくアスタナの隊列に、USポスタルの姿が重なって見えた。
そう、ランスの率いた「ブルー軍団」は、チームTTで他チームを叩き潰したものだ。

総合の結果が出るまで、どちらか選ぶならカンチェラーラを望んだのに、いざ僅差で逃したと判ると、ランスのマイヨジョーヌ姿を見たかったかな、とちらっと思った。

実は、ジロの前に落車して鎖骨を折り、当初予定のジロの勝利を望めなくなったとき、「ジロでなくツールを狙う巡り合わせだ。やっぱりランスが勝つべきはツールで、ジロじゃない」とこっそり思った。
私自身が明確にそう望んだわけではないし、現実になる、と強く予想もしなかったから、今の状況には驚きを感じている。

これからランスとコンタドールが競ったとき、ランスを応援するかどうかは判らない。コンタドールに肩入れしそうな気もする。
その局面になってみないと判らないが、「退屈をする」ことは決してない、「いつものツール」が始まった。

*ふっと思いついたが、ランスとコンタドール対決って、06年F1のミヒャエルとフェルナンドみたい。
片方は伝説的な実績と経験及び人気を持つスーパースターの大ベテラン、片方はタイトル獲得は1つで、これからの若手。
06年当時、ミヒャエル37才、フェル25才。今年、ランス37才、コンタ26才。
今回はチーム内対決だが、どうも、ブリュイネールもチームもランス寄りで、コンタドールが逆境で孤軍奮戦しそうな感じが。
スポンサーサイト

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://leonazul.blog87.fc2.com/tb.php/310-50f702bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。