南の国の太陽、空の色の獅子

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  その他
tag : 
「点と線」の小説を読み直しました。

・違和感の正体

ドラマを見ながら感じたムズムズ感は、道理でした。
登場人物の描写が、原作と大きく異なっていたことが原因でした。
というより、原作にない人物描写がゴテゴテ付け加えられていた、といったらいいでしょうか。

此方が原作を読んだのは大昔で、記憶は朧です。「こんな話(設定)、原作にあったっけ?」となる箇所は、自分が忘れたのか、原作は違ったのか、どちらか自信がありませんでした。
忘れていた箇所もありましたが、「原作にはなかった」箇所が大部分で、ちょっとほっとしました。

全体として、ドラマは、えらくしめっぽく作ったもの、と思います。原作は、もっとクールで、理性的です。トリック崩しに特化して、登場人物が過去を引き摺っている描写はありません。
ドラマ製作者は、原作の雰囲気だとあっさりしすぎて魅力に欠けるので、原作にはない人物像を独自に作り上げ、人間ドラマに仕立て上げようとしたのでしょう。

私がはっきり覚えていたいくつかの箇所。
佐山が食堂車で一人で食事したことについて、鳥飼刑事が娘に意見を聞き、娘が「食欲より愛情の問題」という返答をしたこと。
香椎の海岸で、佐山夫婦が互いの連れを殺し、闇の中で、「おおい、亮子」「はあい、ここよ」と会話するぞっとするような場面。
佐山夫婦は自殺したが、これは合意ではなく、死期遠くないことを悟った亮子が、策を弄して、夫を道連れにした、と三原が推理していること。
こうして並べると、どれも「女」の視点であることに気づきます。私が読んだのは中学生のときですが、同性に感情移入をしたのでしょうか。

原作のラストは、三原刑事が鳥飼刑事にあてた報告の手紙で、事件の真相が明らかにされます。
ドラマのドタバタした結末とは異なり、原作では事件は穏やかに終結し、その後、三原刑事と鳥飼刑事は、「時間の習俗」に再び登場します。清張を読んでいれば知っていることなので、2人が喧嘩別れして、その後二度と会わず、年老いた三原が、亡くなった鳥飼を思って涙するというメロドラマみたいなドラマのラストは「??」でした。

・消えた東京駅13番ホーム

「東京駅13番ホームから15番ホームが見通せるのは4分間だけ」のトリックに関する部分を読みながら、ふと気づいたことがありました。

小説では、13番ホームには鎌倉方面行きの横須賀線、15番ホームに特急あさかぜが発着する、とあります。
現在、横須賀線のホームは、地下にあり、13番ではありません。自分は以前、千葉に住み、総武本線を使っていて、総武本線と横須賀線が乗り入れていますので、そのことに、すぐ気づきました。
あさかぜは、分かりません。でも、なんとなくですが、現在運行されていないのでは?と思いました。

早速、東京駅ホームを確認してみました。

13番ホームは、存在しませんでした。
15番は?
15番は、ありました。東海道・山陽新幹線ホームに。

現在の東京駅には、11番から13番のホームはなく、14番以降が新幹線になっています。
予想したとおり、あさかぜも、現在は運行していません。2005年が最後だったそうです。

●ネタ
北岡佳明の錯視のページ
確かに、気持ち悪いときは見ない方がいいかも。
スポンサーサイト

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://leonazul.blog87.fc2.com/tb.php/30-a300dd1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。