南の国の太陽、空の色の獅子

Category :  F1
tag : 
・ツンツン髪だった青年

将来のチャンピオンと嘱望されながら、低迷するチームに長く在籍して、前年まで1勝のみ、ある年突然、圧倒的に速いマシンを手に入れ、開幕からPPtoWINして、チャンピオンになった人が、かつて、いた。

若くしてF1デビューした彼の才能を高く評価する人は多かった。彼の在籍したチームは、長いトンネルからなかなか抜け出せなかったが、チームから愛され、尊重された彼は、チームを信じた。
デビューの年から数えて8年目に、彼はチャンピオンになった。齢30才。

ジェンスは、F1デビューして今年で10年目になる。デビューが20才だったので、齢は29才。
ドライバーとしてのタイプは、上の人とは異なる。ただ、「勝利に対する執着・執念、貪欲さ、炎のような闘争心に欠ける」点は、通じる。

私はいつも、炎のような意志を持つ、獅子に擬えられる人を愛したから、その要素を持たない彼等には関心がなかった。だが、彼等は、「憎めない」人々だ。
「天然」タイプなので、妬みを呼び起こさない。また、彼等は、他人の批判・悪口を言うことがあまりない。他人を貶めることがなく、コース上でも外でもフェアだ。

00年の鈴鹿で初めて見たジェンスの姿を、思い出す。
ツンツンに短い髪で、若く、清々しい青年だった。
そうか。あのときから10年か。
スポンサーサイト

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://leonazul.blog87.fc2.com/tb.php/248-a66d672b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)