南の国の太陽、空の色の獅子

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  F1
tag : 
・ディフューザー問題
06年のマスダンパー事件そっくりにみえる。此方は強烈に痛い目にあったおかげで、忘れない。

今回も、対象チームのメンツがミソかと。
ウィリアムズは除外しても、ブラウンGPとトヨタは速そうだ。「出る杭は打たれる」はこの世界の慣例。

・チャンピオンの決め方のルールの変更問題
今回のドタバタの問題点は、ルールの中身の是非より、「開幕直前の変更であること」だと思った。

各チームは、今季のマシンを、「従来のルールに基づいて」制作している。具体的に言えば、「速さより信頼性重視」だ。
だが、新ルールでは、タイトルを狙うチームは、信頼性を少し犠牲にしても、壊れないときは勝てる速さを持つマシンを持った方が有利だ。今頃になって突然、異なるコンセプトのマシンが有利になるルールに変えられてはたまったものではない。

競技では常に、「先にルールありき」だ。競技者は、現行ルール下で、勝つにはどうしたらいいか、を常に考え、戦略・戦術を決める。ルールが変われば、それに対応して、戦い方も変える。当たり前の話だ。

よって、「勝利数で決めるルールなら、昨年のチャンピオンはマッサ」という文言は、ナンセンスそのものだ。
昨年、勝利数ルールであったなら、ハミルトンは最終戦で「5位でいい」と最低必要ポイント狙いの走りはしなかったに決まっている。
そもそも、シーズンの最初から、マッサもハミルトンも誰もが、「ポイントでなく、勝利数を意識してレースをした」わけで、それでは誰がチャンピオンになったか推測は全く不可能、とみなすのが、論理的な思考というものではないか。

今回に限らず、ポイントシステムに関するルール変更の話題が出ると、過去の戦績を、新しい(別の)システムで計算し直すと、こう変わる、誰それはチャンピオンになっていない、という記事を書く輩がいるが、私に言わせると、これは、「アロンソが女の子なら、F1チャンピオンになっていない」に等しいくらい意味がなく、「過去のチャンピオンたちに対する敬意を欠き、不当に貶める」言説にみえる。
(どこからみても「ネタ話」と判る書き方をするなら兎も角、気に食わない相手を貶す材料に使うのは見苦しい)

今回FIAが示した勝利数ルールの中身に言及すると、自分が真っ先に思いつく問題は、「ドライバーズよりコンストラクターズの順位優先」のチームに所属するドライバーの利害が、チームの利害と相反し、軋轢を引きおこす不幸を生む可能性があること。
個人的には、勝利数ルールに変更されても、(予選で燃料を積むルール変更のときのように)ぶうぶう文句は言わぬが、この不幸を見過ごせないので、積極的に賛成はしない。
(ルール変更の受け取り方については、得点配分が変更された03年に記した覚え書きを参照)

・ロスの野望
グランプリトクシュウ4月号を書店でバラッと読むと、HRF1の顛末について自分が新たに知る情報が載っていた。
尾張さんが大島氏にインタビューを取っている。他のページでは他のライターが違うことを書いていたりするが、総合すると、自分の憶測は当たっていた「かも」しれない、と思った。

大島氏の言い分は以下。
此方の望む条件を満たす買収相手は現れず、次にMBOの話がでたが、これは望ましくなく、解散しかないかとなったところで、ロスが手を挙げてくれた。
ロスは、チームプリンシパルではあるが、経営陣ではなく、契約スタッフなので、MBOには当たらない。
彼は、違約金を貰って、チームを去ることができたが、「従業員の雇用を守るため」、引き受けてくれた。

ホンダ側が、何の観点を重視し、ロスが手を挙げるまで、売却を承諾しなかった事情の真実はいまだ判らない。当事者たちの発言のどの部分が真実で、どの部分が嘘なのか。
ロスが手を挙げたのは従業員の雇用を守りたかったため、と大島氏は述べるが、「当座は」雇用しても、相当数の首を今年度中に切らねばならないことは、火を見るより明らかだ。

多分、ロスは、秋以降、売却の具体的な活動はフライに任せ、自分で動くことはなかったのだろうと思う。「彼の仕事の領分ではない」からだ。
フライが目論んだMBOをホンダが承諾しないとなったとき、フライは、これで終わり、とみなし、ロスが単独のオーナーになると言い出すとは思わなかったのか、それとも、フライが、ロスに、そうしないか、ともちかけたのか。
「フライとロス、どちらが上手で、利用されたのはどちらだったのか?」

時間が経てば、いずれ判るときが来るかもしれない。
スポンサーサイト

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://leonazul.blog87.fc2.com/tb.php/241-ee2bc06e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。