南の国の太陽、空の色の獅子

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  フィギュアスケート
tag : 
・最初に訂正。ブライアンは、インフルエンザ、ではないようです。なんであれ、ワールドに間に合ってくれることを祈ります。

・パトリック君
17でなく、まだ16でした。長く見ている気がしたのは、14のときから世界ジュニアに出ていて、既に3シーズン目だからでした。
スケアメに続き素晴らしい出来でした。でも、フランスの観客の皆さんが少々気の毒な感じも。アルバン、4T、3A+2T+2Loを決めていますから。中野友加里さんの演技に大盛り上がりしたのに、点数が思ったほど伸びずに盛り下がる05年シーズンの日本の観客みたい。

でも、アルバンは、これだとPCS出ませんよね。藤森さんが、いつぞや、滑りが汚い!とボロクソ言いまして、それに加えて、昔のキャンデローロに似ている、キャンデローロも汚かった、とまあズケズケ仰ったのが、えらい可笑しかったのを覚えています。
実は自分もそう思っていたので、あら、藤森さんのお墨付きが出たわ、と。

それにしても、パトリックのSS7点台は、おおお、です。この年齢で出るか、と。

・ボロノフ君
東京で見たとき、見劣りする、と思い、その後、世界ジュニアの放送を見たら、「ジュニアの中では充分いい」、今回は、「シニアでも通用する」
多分、私は、ロシア男子に要求する水準が高いので、物足りなくみえるのでしょう。
スポンサーサイト

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://leonazul.blog87.fc2.com/tb.php/24-cd56775f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。