南の国の太陽、空の色の獅子

Category :  F1
tag : 
景気は、いいときがあれば悪いときもあるに決まってるし、景気悪くても日々の生活に楽しみがなくちゃね。
といっても、F1は、今回の不況の影響を(クッションなしに)ダイレクトにくらい、先行きが不透明なジャンルなので、そう能天気でいるわけにもいかない。

景気の影響を受けたくないなら、スポーツ選手を贔屓にするときは、チームというものに属さない個人競技の選手がいい。選手の外部からの影響をあまり受けずにすむ。

さて、書こうと思いながら書きそびれていた話題を書こう。タイミングを外していることを知りつつ、少しずつ。

・BMWに感じた危うさ
自分がシーズン初め、BMWの力を信用していなかったのは、基本的には疑り深い性格のせいだが、報道の中に、時折、危うさを感じるものがあったからだ。

そのひとつが、このチームの「ドライバーの扱い方」。
クビツァがチャンピオンになれるクラスの才能の持ち主であることは、かなり広く認められているが、BMWが、そのつもりで彼を扱っているかといったら、そうではないように、外野からは見える。

昨年の担当エンジニアが経験不足で、うまくいかず、今年代えてもらって、シーズン前半うまくいっているようにみえたが、後半になるとまたもやストレス満載状態に陥った。
チームが、シーズン半ばで開発を来季にシフトし、マシン戦闘力が相対的に低下したことの他に、ハイドフェルトの予選の改善に力を注ぎ、クビツァをなおざりにした。
チームにその意図はなかったのだろうが、「クビツァに合わない」マシンになってゆき、最後の頃は、ハイドフェルトの方がセッティングをうまく出せ、クビツァは「どうやっても速く走れない」ひどい状態になってしまった。

今季は、複数のチームで「マシンがドライバーに合う合わない」現象が非常に目立った。この現象そのものは以前からあったが、ここまで顕著で、チャンピオンシップを左右したシーズンを自分は記憶していない。(この件は改めて書きたい)

チームがハイドフェルトにシフトをせず、シーズン最後までクビツァをエースとして扱ってレースをやっていたら、クビツァはドライバーズランキングで3位以上を取れただろう、という想像に無理はないと思う。
クビツァ自身は、そう思っている。
この「クビツァの、チームに対する不満と不信」が、自分が「BMWの問題」と思う点だ。

今季報道された彼の発言は、昨年のフェルナンドに少し通じるものがある。あれほどまでひどくはないが、チームに対する不満を述べることに遠慮がなかった。
この二人は、似たパーソナリティの持ち主だ。(だから仲がいい、と本人たちが公言している。)意思が強く、自分の能力に対して実績に裏打ちされた自信を持っていて、等身大で生きることを望み、率直で、シンプルだ。思慮深いが、計算高い振る舞いはしない(できない)。
自分に自信があるので、チームに対する要求も高い。チームとの間に信頼関係を築ければ、大きな成功を収めるが、信頼関係を築けないと壊滅的な結果を招くことを、フェルナンドが如実に示した。

BMWには、クビツァをおのれのチームの中心とする意思がないように、私の目には映る。
私は、BMWを、2000年の復帰から、普通以上の注意を払って見ていたので(ラルフが在籍したため)、BMWの方針の解釈や推測にはそこそこの(他のチームよりは、という意味)自信を持っている。

BMWが、「チャンピオンになる才能を持つと評価できる将来性のあるドライバー」にチームの力を集中することをしないのなら、このチームに在籍するドライバーはタイトルを取る可能性が低下するだろう。
BMWはウィリアムズと対立し別れたが、ドライバーズタイトルよりコンストラクターズタイトルを欲するという点については両者は共通したのかもしれない。

ふと、もしも、クビツァの国籍がポーランドでなくドイツだったら、もしかしたら、状況は違っていたのかもしれない、という思いが浮かぶが、これは仮定にする価値もない話だ。

BMWは、フェルナンドの移籍先候補として報道で名が出たが、BMWは彼に対して、絶対的エースの待遇を約束しなかっただろう、と思う。現実にどの程度の交渉があったかは判らぬが、私は、昨年同様、彼にとって他チームとの噂は、「ルノーとの契約条件を有利にする材料」であった、と解釈している。
スポンサーサイト

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://leonazul.blog87.fc2.com/tb.php/167-2d25ea9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)