南の国の太陽、空の色の獅子

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  散歩
tag : 
RIMG0166.jpg

星薬科大学は、年2回、一般市民を対象にした公開講座を開催している。
このとき、アントニン・レーモンド設計の本館(1924年築)の内部も見学できる。

RIMG0143.jpg

内部を見て、私が最も興味をひかれたのは、「スロープ」だった。

3階建ての大規模な建物の中には階段が無く、各階はすべてスロープ(傾斜路)で繋がれている。

正面の主階段のデザインは、前もって写真で知っていた。
背面にある2本の階段室の内部を覗き込んだとき、こちらもスロープであることを発見して、そういうコンセプトなのかと気づいた。

RIMG0140.jpg

この建物は、レーモンドがライトから独立してからまだ間がない頃の作品で、部分部分にライトのデザインの影響がみうけられる。
スロープの白黒ラインのデザインもライト調だが、「スロープそのもの」は、ライト調とはいえない。
先達がどこかにいるのか、少し調べてみたが、現時点では発見できなかった。
独自のアイデアなのか、そうでないのか気になる。

2001年に建てられた新館、新星館は、7階建てのビルだが、中央の吹き抜けの中を、長い階段が横切っている。
まるで、本館のスロープを模したかのように見えた。

RIMG0158.jpg

星薬科大学は、星製薬の創業者・星一が社内に教育部門を設けたのが始まりで、星製薬商業高校の設立時に、星がレーモンドに校舎の設計を依頼した。
「星形」のデザインを、ドームの下の講堂の天井や、講堂に設置された椅子の側面にみつけることができる。

こちらは東京大学の安田講堂の椅子の側面

RIMG0134.jpg

RIMG0171.jpg

竣工時は、建物内に講堂の他、講義室、体育室、プールを備えていた。
経年と共に体育室やプールはなくなったが、大学は、きちんと改修工事を行い、大学本館としての機能を維持して使用を続けている。

土曜日の午後、学生さんの姿は少なく、人気なく暗い建物内の廊下を遠慮なしにぐるぐる歩いていたら、ひとつの教室では講義の真っ最中で、邪魔にならぬよう足音を忍ばせて通った。

RIMG0147.jpg

<放射2号線計画問題>

さて、この星薬科大は現在、「キャンパスのど真ん中を、新設の25m道路が貫通する」という危機に面している。

東京都が事業決定した「特定整備路線 放射第2号線」のルートは、本館の正面の少し先で、既存建物には被らないにせよ、元々狭い敷地が減少・分断されてしまい、大学の機能に支障をきたす、と大学側は実施の変更の陳情をしていた。(大学と計画道路の位置関係

都側は「計画があることは、そちらも充分知っていましたよね。今更苦情を言われましても」という言い分なのかどうかは知らぬが、お構いなしに事業を進めている。

大学のHPに掲載された「東京都に対する大学としての機能の維持に関する陳情~放射2号線計画~」の中の

なお、本計画の起源となっている都市計画(昭和 21 年 3 月 26 日・戦災復興告示第 3 号)について付言いた
しますと、本来であれば、当該都市計画が決定される昭和 21 年の段階で、本学より都市計画法上の適正な手
続きを経て意見書等を提出すべきであったと思われますが、同時期はアメリカ進駐軍が本学の敷地及び校舎を
接収しており、本学から意見を申したくても出来なかった事情(接収時期:昭和 20 年 9 月 28 日~昭和 24 年 7
月 15 日)があり、本学には当該都市計画策定に関する手続保障がなかったことをご斟酌戴けますようお願い致
します。

の一節を読んで思った。

戦後の混乱期、接収されて追い出されていた時に決められた都市計画が今頃実施なんて勘弁してほしいと言いたくなるのは道理。

レーモンドが設計し清水建設が建てた鉄筋コンクリートの校舎は、規模から何から「そりゃ米軍に接収されちゃいますよね」となる建物である。
創業者が立派なものを作ったのが仇になったといったら語弊があるか。
スポンサーサイト

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://leonazul.blog87.fc2.com/tb.php/1541-bf9e5422
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。