南の国の太陽、空の色の獅子

Category :  自転車
tag : 
・フランクの件、無事クリア
最悪を覚悟していた身としては万々歳。
12/9にルクセンブルク反ドーピング委員会の結果が発表される、というニュースを知って以来、構えて待っていた。
最近のチームの態度から、「大丈夫らしい」と楽観的にはなっていたが、その通りで、結果は、「捜査打ち切り」。

「フエンテスに金銭を払った」のだから、アウトでも仕方ないと覚悟していたが、この件は各国の対応が一貫していない。
実をいうと、「おたくは、他のジャンルにスター選手がゴロゴロいて、五輪でメダルをいくらでも獲ってくる大国とは違うでしょ、今や国を代表するスターのシュレク兄弟を潰して何の得になるの、見逃したら?」と思っていた。
シロだと信じている、というのではない自分もひどいが、蔓延していた過去の時代については、どの選手であれ無実と信じる方が無理がある。

ちなみに自分は、「過去は一切合財不問、ほじくりださない、でも今後は、発覚した場合の罰則は、1年や2年の出場停止ではなく、うんと厳しくする」策が納得できるように思っている。2年で復帰できるのなら、これからも、やる選手は出てくるだろう、と思うから。

ともあれ、今後も兄弟が一緒に走るのを見られるのが決まって嬉しい。
(はた、と気付いたが、自分はシューマッハー兄弟フリークだった。「仲の良さが有名な兄弟選手」に転ぶ趣味なのか?)
スポンサーサイト

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://leonazul.blog87.fc2.com/tb.php/154-75a53cfc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)