南の国の太陽、空の色の獅子

Category : 
tag : 
日中に起こった出来事の不愉快な気分を引きずったまま夜中になってしまったので、着替えてベッドに入ると、横になって目を閉じる前に、長田弘の詩集を開く。

すると心が鎮まり、眠りに向かうことができる。

世界はうつくしいと世界はうつくしいと
長田 弘

みすず書房 2009-04-24
売り上げランキング : 101576

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
 

   なくてはならないもの

 なくてはならないものの話をしよう。
 なくてはならないものなんてない。
 いつもずっと、そう思ってきた。
 所有できるものはいつか失われる。
 なくてはならないものは、けっして
 所有することのできないものだけなのだと。
 日々の悦びをつくるのは、所有ではない。
 草。水。土。雨。日の光。猫。
 石。蛙。ユリ。空の青さ。道の遠く。
 何一つ、わたしのものはない。
 空気の澄みきった日の、午後の静けさ。
 川面の輝き。葉の繁り。樹影。
 夕方の雲。鳥の影。夕星の瞬き。
 特別のものなんてない。大切にしたい
 (ありふれた)ものがあるだけだ。
 素晴らしいものは、誰のものでもないものだ。
 真夜中を過ぎて、昨日の続きの本を読む。
 「風と砂塵のほかに、何も残らない」
 砂漠の歴史の書には、そう記されている。
 「すべて人の子はただ死ぬためにのみ
 この世に生まれる。
 人はこちらの扉から入って、
 あちらの扉から出てゆく。
 人の呼吸の数は運命によって数えられている」
 この世に在ることは、切ないのだ。
 そうであればこそ、戦争を求めるものは、
 なによりも日々の穏やかさを恐れる。
 平和とは(平凡きわまりない)一日のことだ。
 本を閉じて、目を瞑る。
 おやすみなさい。すると、
 暗闇が音のない音楽のようにやってくる。

 
長田弘の詩は、ごく最近知った。
私は詩を読む習慣を持たない。
書籍の中で引用されていたものに目が止まった。

表紙とページの中に登場するミミズクは、カスパー・ダーヴィト・フリードリヒの絵だという。
この作品は今まで知らなかった。
スポンサーサイト

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://leonazul.blog87.fc2.com/tb.php/1529-25fc8dba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)