南の国の太陽、空の色の獅子

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  自転車
tag : 
CICLISSIMO NO.37に掲載されたリースのインタビュー記事を読みながら思った。
私が目を留めた2008~2010年のリース・サイクリングは、「幸せな時期のチーム」だったのかもしれない。

メインスポンサー・CSCを失ってから後、リースはスポンサー探しの問題から解放されることがなかった。
サクソバンクと共同でスポンサーになるはずだった会社が、詐欺事件で突然倒産した2008年末以降、一年一年凌いできたが、5年目についに力尽きた。そういう描写が思い浮かぶ。

資金の問題は、2011年度の主力選手の大量離反を招いた要因のひとつだった。
代わりとして当時の最高の選手・コンタドールの入手に成功したことで、長年の資金問題も解決し、チーム崩壊からの形勢大逆転でグラン・ツールを制覇する成功をするかと思いきや、3年後、予想外の結末を迎えた。

ティンコフにチームを売却したことについて、大金を得たからリースも勝ち組と評する見方もあったが、私はこの解釈には疑問を抱く。
今や、チームはティンコフのもので、リースは、彼に雇われた立場だ。
来年のTdFでコンタドールが総合優勝すれば安泰だが、しなかったら、ティンコフがリースをお払い箱にする可能性は想定しておくものだろう。今年のTdFでのティンコフの言動からは、そう考えざるをえない。

(尚、ティンコフのツイートの「ヒステリー」ぶりを見た私は、「こんな人間が大きな顔をして歩くジャンルに関わりあいたくない」と自転車RRに愛想が尽きそうになった。
以前の自分ならスルーできた。プロスポーツの世界にはこういう種類の人間がいて当たり前だから。ランスも同じような言動をしていたと思う。自分が、年をとって、「変わった」のである)

シュレク兄弟たちは、リース・サイクリングでいい時間を過ごしたのだろう、と思う。
彼等が離反を決めたのは、リースとの間に問題があったからではない。当時の自分は知識を持たなかったので、あれこれ憶測し迷ったが、今になると、「多分、こうだった」という答が出てくる。

もしも、ベッカがルクセンブルグのチームという話をもちかけず、リースがスポンサーを確保することができていたら、彼等がリースの元から離れることはなかったのかもしれない。

シュレク兄弟とリースとが別れた日から3年後、シュレク兄弟は、自分たちを中心に作られたルクセンブルグ国籍のチームを失い、リースは、オーナーシップをティンコフに売却して、自分のチームを失った。

奇しくも同じ年に起こった。
両者とも、来季も外見上は、今季とほぼ同じといっていい体制のチームで、レースを続ける。
けれども、戦績次第では、さ来年チームに残れるかどうか判らない、という立場にある。

そう認識したとき、「私は、一番幸せな時期のリース・サイクリングに出会ったのではなかったか」という台詞が湧き上がった。
あの頃、CSCは給料が高くない、という話が出回っていた。
まだ若く、実績がさほど大きくなかった選手たちは、給料が他チームより安いことを受け入れて、チームメート同士とても仲がよく、レースで強さをみせつけた。

時が経ち、「スター」になっていった選手たちに、「金」を積んで引き抜こうとする人間たちが寄ってくるのは仕方ない。

どこの世界も同じだ。F1は、もっと露骨だ。慢性金欠病のルノー(エンストーン)は、チャンピオンを育てては、金持ちチームに奪われた。
他チームの育てあげた選手を、大金持チームが札束の山で引き抜いていく光景は、プロのチームスポーツでの恒例行事である。不愉快であろうと止める術はない。

この5年で、自転車RR界の様相は随分変わった。
トップに立つ選手もチームも入れ替わった。
このあとまだしばらくは、変革期が続くように思える。そして、その先の光景は、まだ見えない。
見えている人もいるのかもしれぬが、私の目には、見えない。

●Trek Factory Racing(TFR)

Trek Factory Racingの誕生を巡る「Trek側」の説明
41 Days and Counting! (Joe Vadeboncoeur)

グエルチレーナに取材して取ったコメントで構成した記事
Trek holds out hope for a Schleck comeback in 2014 (velonews 12/12)

キャンプでのインタビューからの記事
Fränk Schleck aims to rebuild career with Trek Factory Racing (cyclingnews 12/15)
Cancellara: Sagan will have to cope with burden of pressure (cyclingnews 12/16)
Q&A: Jens Voigt on his career, a final season, anti-doping and the 98 Tour samples (cyclingnews12/17 )
Premature to label Schlecks as contenders for Tour de France win, says Guercilena (cyclingnews 12/18)

TrekがRSLTからチームを引き継いだ事情、彼等の思惑、グエルチレーナの考え・態度、現場の状況、私が把握したいと思っていたことは、概ね確認できた。
大筋は、これまでしてきた憶測でOK。(初めの頃まったく判らず、徐々に絞っていった)

私は、アンディを贔屓にし、彼という選手個人の観点からものをみて語る観客だが、それと同時に、「チームの運営」という観点にも、かなり興味をもっている。F1でずっとやってきて、その習慣が顔を出す。
そのため、TFRという「新チーム」について、チーム運営の観点から、つい、あれやこれや考えてしまうが、深入りしないよう制御するつもり。(撤退できる体制を保たないと)

●コンチネンタルチームのレオパードは存続

Leopard Trek team remains in 2014, becomes Leopard Development squad (velonation 12/15)
スポンサーサイト

コメント

お久しぶりです
RIHOさん
新年明けましておめでとうございます。早いもので、3回目の挨拶コメントになりました。
穏やかで、実り多い一年になると良いですね。また、時々立ち寄らせていただきます。
2014/01/01 12:00URL  KUMI #-[ 編集]


KUMIさん

ご挨拶、どうも有難うございます。

一日一日を満ち足りて暮らすこと、足りることを知ることこそが幸せ。
自分も、そう思えるようになりました。

自転車RRでも楽しい話題を綴ることができる年になればいいと思います。

本年も宜しくお願いいたします。
2014/01/03 20:22URL  RIHO #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://leonazul.blog87.fc2.com/tb.php/1462-68a743fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。