南の国の太陽、空の色の獅子

Category :  自転車
tag : 
●モンフォール

本日、ロット・ベリソルから発表。
2年契約。

3年前、レオパードと契約してまもなくの頃、彼のHPで、「いつかベルギーのチームに帰ってきてくれる?」というファンの声をみかけた。
彼にとってよかったのではないか、と思う。

多分、彼は、TdFの期間中に、アンディに伝えていたのだろう。これが最後になると。
だから、アンディは、第20ステージ・セムノスを、彼を牽いて登ったのだろう。今までずっと自分たち兄弟に尽くしてくれた彼に、最後に返礼をしたかったのだろう。

●Team Trek

9/4、Trekが、Fabio SilvestreとEugenio Alafaciを発表。
LEOPARD TREK continental teamからの昇格組。

LEOPARD TREK continental teamは、来季消滅する。消滅の発表はされていないが、継続の見通しはない。
指揮をとってきたAdriano Baffiは、自分はDSにすぎず、チーム運営はやらない、チーム存続のための活動はしていないし、どこからも何も話はない、という。

このチームはそもそも、ユンゲルスのために作られたチーム、とみなしていいと思う。
ルクセンブルクの金の卵の彼を囲い込んで、本家のプロツアーチームに引き上げるまでの1年間走らせることが目的で、その目的は達した。
1年目の昨季は、ボロボロ状態の本家を横目に、さっさと勝利を挙げ、ユンゲルスを失った今季もそれなりの戦績を挙げてきたから、潰れるのを見るのは気持ちよくはない。
グエルチレーナが2人をTrekに昇格させたのは、掛け値なしの評価か、それとも情が多少入ったのか。

●アンディ

ルクセンブルクが世界選手権代表を発表。
ルクスは、毎年枠を余らせていたが、今年は1枠しか持たない。
既報の通り、TT・RRともユンゲルス。
ロードのリザーブはガスタウアー。
Andy Schleck n'ira pas aux Mondiaux(9/4)

アンディが、TdF後のスケジュールとして世界選を口から出したこともあったが、彼はもうモチベーションが切れて、シーズン終了だろうと思う。
ロンバルディアに出たいとも言ったが、あてにならない。

例年、TdFで実質的に終了していた、というだけでなく、今季は、かつてなく、シーズン開始が早かった。
完走しないレースが多かったにしろ、ステージレースは最終日近くまで走っているから、負担が少なかったわけではない。
彼のキャパからいったら、すでにオーバーだろうと思う。

フランクが復帰してブエルタに出場していたら、モチベーションが噴出して、ブエルタで頑張っていたことが想像できるが、その予定はぶち壊されてしまった。

2010年に彼は、フランクのアシストをしたいがためにブエルタに出場していたが(フランクはTdFを第3ステージでリタイアし、ブエルタでの雪辱を期した)、途中でリースに家に追い返された。
その後、予定通りロンバルディアまで出たが、ふてくされて、まともに走らなかった。

ベッカが、TdF中にフランクを追い出し、ブエルタに出場させなかったのは、アンディが怒ることまでよんで、シュレク兄弟に「嫌がらせをしたかった」というより、「なるべく金を使いたくない」のが一番の理由だとは思う。
先日、RSLTはシーズン残りはワールドツアーレースしか出場しない(レース数を減らす)、というニュースが流れ、RSLTのプレスオフィサーのVanderjeugdが「金のため」と喋った。
グエルチレーナとTrekにとって有難い話ではないが、ベッカは、Trekとの交渉がまとまった後は、構うことない、となったのであろう。



●東京五輪招致について

黙っているつもりだったが、もはや「怒るべき」時期だろう。
日本国民、なかんずく東京都民であるなら。

五輪招致に支障があるから、福島原発の汚染水問題に政府が真剣に取り組むとか、東京は安全だとアピールするとかいった話を聞いて、「はいそうですか」とスルーする日本人はおかしい。

福島原発から放射能がダダ漏れし続け、根本的な技術的解決方法が見出されていない状態でも、東京が安全なら、それでいいのか。
海外から厳しく指摘されなかったら、対処をずるずる先送りし続けていた、ということか。

つまるところ、日本人の大多数にとって、原発事故は「終わった」もので、「自分には関係がない」。
フクイチから放射能がダダ漏れし続けても、自分の生活には影響がない。だからダダ漏れでもいい。
電気料金が上がる方がいやだから、原発を動かしていい。

福島と同じような原発事故がまた起こったとしても自分の家の近くに原発はない。
だから、相変わらず隠蔽をし、嘘をつき、「安全より収益が大事」な電力会社に原発の運用を任せ続けていても問題だとは思わない。
自分には関係がないから。

事故から2年半たっても避難生活の続く15万の福島県人がいることも、自分には関係ないし、放射能汚染が影響を及ぼす「遠い将来」のことも自分に関係ない。その頃には自分は生きていないから。

「一般庶民」がそう考えるのは、多分、仕方ないのだ。
過去60年くらい、日本人は、そういう「教育」をし、そういう人間を作ってきた、のだと思う。

先祖から受け継ぎ子孫に引き継いでいく土地を持たず、子すらも持たない人間は、「自分の今の生活」しか考えない。
「放射能汚染によって土地に人が住めなくなる」ことの意味が判らない。
「国土が失われる」ことの意味を。
私自身が、福島の事故を見るまで、そういう人間のひとりだった。

つきつめれば、自分の生活が一番なのは当たり前で、非難されることではない。
自分が毎日暮らしていくのに、辛くて、苦しくて、将来に希望を持てず、他人のことに気を回す余裕がない境遇にあるのなら、仕方ない。
でも、自分が絶望の淵にいるのでないなら、他の人のことも、考えてみよう。
自分が死んだ後も世界が続くことを、考えてみよう。ときどきでいいから。
スポンサーサイト

コメント

またまた失礼致します
モンフォールさんの移籍。寂しくなりますが、彼には彼の選手生活がありますものね。
今までアンディのアシストをしてきてくれたことを感謝したいです。
そして、福島の記事。泣きました。ニュースを見ていないので知りませんでした。
五輪よりすべきことがこの国にはありますね。嫌なことから目を背けずニュースも見なくてはならないと反省しました。
他人や動物を思いやれる人間でありたいと思いました。
夜分にお邪魔してすみませんでした。
これからの記事更新も楽しみにしております。
2013/09/07 04:55URL  bell #-[ 編集]


私は第20ステージの日、アンディがモンフォールを連れてゴールするシーンを見たとき、「ああ、そうなのか」と思いました。
ロットの名が出てからも、一縷の望みを残していました。(諦めが悪い)

bellさんは、心の優しい方ですね。
そういう人が沢山いれば、社会はもっとよくなるんだと思います。
私は、どうあがいても優しい部類に入らない人間です。

社会問題の話題は、ここに書いても意味がないという判断で、たまにしか書きません。
私自身が、偉そうなことをいえる人間でないので。
でも、ときには、声を上げた方がいいんじゃないかと思うときがあります。
そのへんは、だんだんと考えていきます。
2013/09/08 00:04URL  RIHO #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://leonazul.blog87.fc2.com/tb.php/1428-d768ee19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)