南の国の太陽、空の色の獅子

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  自転車
tag : 
発売されたTdF特集の雑誌を見て、「う~ん、こういうこともあるか」と思いついたことが。

・Trekがシュレク兄弟を残した理由のひとつは、アンディに、まだ「人気」あるいは「名声」が残っているから、か?

私自身の評価が辛辣だし(昔から、好きな相手の評価は辛い。シューマッハもプルシェンコも、王者として君臨していた時期に、「ピークは過ぎている。下り坂」と言い放ち、不満タラタラ)、ネット上でも厳しい見方をみかけるので、そうと思い込んでいたが、低迷してまだ2年だから、見限らない意見があっても、もっとも。

2010・2011年、TdFで優勝争いをして知名度は高いし、フランスではまだ人気があるのかもしれない。
2010年には、勝者のコンタドールより現地で人気を博したことは当時確認した。翌年の戦いぶりで評価は下がり、嫌う人々を量産したが、他方では、応援する人々が「まだ」いる、とみてもいいのかも?

・しかし、アンディの今年のTdFの戦績は、チーム(グエルチレーナ以下チームスタッフ)とTrekの期待を下回り、失望させるものだったのではないか。

上位を争えないことは判っていたが、総合10位以内なり、でなければステージ優勝、よしんば叶わずとも優勝を争うパフォーマンスを期待していた、ようである。
結果は、それに全く届かなかった。
私個人は、事前の想定がもっと低かったので、何も問題なかったが、チーム側はそうではない、と認識すべきでは。

2011年、結果(総合2・3位)に兄弟自身は満足し、チームは表向きでは不満を述べなかったが、実はオーナーは腹の中では怒り狂って、チームを大変革することを決め、兄弟に惨禍をもたらすことになった。
ご本人は満足で、にっこにこしていても、雇い主はそうじゃなくて、災いが降ってくる、という現象が繰り返されないとは・・

・Trekのシュレク兄弟との契約発表のリリースには、「アルデンヌ・クラシックとグラン・ツール」という順番でレース名が記されている。
この箇所の解釈のひとつ:
Trekとグエルチレーナは、兄弟に対して、「年間の1番のターゲットは、アルデンヌクラシック。TdFはその次。TdFが1番だった君等の過去数年と違うが、うちのチームはそういう方針。それを受け入れること」とはっきり通達している。

私個人の考えをいうと、その方針は悪くない。
兄弟は、もう、TdF優勝は見込めない。けれども、過去2位を複数回、記録上優勝1回というアンディの立場からは、優勝以外のもの(表彰台とかトップ10)は、モチベーションを高める目標にはなり得ないだろう。
対して、アルデンヌ・クラシックでは、まだ、優勝を目指して戦える力を見込める。
特に、フランク。そもそも、ワンデーレースは、フランクが、アンディより適性があり、戦績もよい。
兄弟ダブルエースで助け合うのは、TdFでは勝利を逃す元凶だが、ワンデーでは有効とみていい。

もともと、アルデンヌ・クラシックは、兄弟の地元に最も近く、兄弟が愛するレースだ。彼等はこの数年、TdFに集中する方針のチームに在籍してきたが、いつぞや、TdFだけにコンディションを合わせろ、他は全部無視というチーム方針に逆らうかのように、勿論TdFが一番だけど、アルデンヌも狙いたいんだ、と発言したことがあったのを記憶している。

「目標」は、「実現性のあるもの」を設定しないといけない。
今の兄弟には、アルデンヌ・クラシックは「ちょうどいい」のでは。

Trekが、春のクラシックを、前半はカンチェラーラ、後半のアルデンヌはシュレク兄弟を夫々エースに立てて狙いたい、そのために兄弟を残したとしたなら、十分理がある。

兄弟当人たちが、どう思っているかは私の知るところではない。
・・今後どうするかは、ご本人たちで決めてください。

今後も、TdFの総合を第一目標にしたい、その条件を満たして迎えてくれるチームを探す、というなら、どうぞ。
来年、どこのチームが、どういう内容のオファーをくれるかは、来季兄弟のみせるパフォーマンス次第だろう。
今の時点では、まだ何も判らない。
再来年のことは、来年の契約交渉が始まる時期まで棚の上にあげておいていい。

*MPCC加盟チームは、ドーピング出場停止明け2年間雇えないから、フランクは再来年8月まで不可であることを留意のこと。

・リーナス・ゲルデマン

RSLTに残れず、今年浪人していたゲルデマンが、MTN-Qhubekaと契約し、来季プロトンに戻ってくる発表があった。
フォイクトだけでなく、グエルチレーナがツイッターで喜ぶ旨を書いているというのは、昨冬、話をひっぱられた挙句、土壇場で契約更新してもらえなかったのは、ベッカの仕業、という解釈でいいか。

トレックの公式アカウントまで歓迎を表明したのには、「どういうこっちゃ?」となったが、あ、と気づいて、MTN-Qhubekaの公式サイトを見に行ったら、トレックが供給していた。
スポンサーサイト

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://leonazul.blog87.fc2.com/tb.php/1418-6663d7e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。