南の国の太陽、空の色の獅子

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  自転車
tag : 
●Gala

トレックからのリリースが、7/23に出た。
ルクスのガラ開催日の直前。

トレック・ジャパンもリリースを出す(日本語)。
原文にない一文を末尾に付記しているのは、「日本国内の一般ユーザーの理解」に必要という判断ゆえか。

Gala Tour de France: Rui Costa gewinnt und Fränk Schleck feiert sein Comeback(ビデオ付)
写真:
Tageblatt
wort.lu
RTL

アンディと、フランクの友人たちは、ファンクラブの作った"Welcome Back FRÄNK!"と記されたTシャツを着る。
フランクが着たジャージは、ルクセンブルク代表チームのそれ。

●補遺

去就が確定したので、はい、これから頑張ってね、シャン、でよいのだが、少々補足。

今回の件の「日本語」の報道を眺めると、ヘンなものが転がっているが、あることに、はた、と気づいた。

どこも、「ギャラ3分の1」の件を伝えていない。

ファビアンの契約発表のとき、Blickが「兄弟へのオファーは、ギャラが現在の3分の1」と書き、その後、ルクスメディアたちも、これに追随した。
単なる引用でなく彼等なりの判断なので、蓋然性は十分高い、とみている。

2010年に締結したLeopard SAとの2014年までの契約では、アンディの年俸は、180万ユーロ(約2億3000万円)。
これを、5000~7000万ユーロ(約6500~9000万円)。おおざっぱにいって3分の1。
フランクの額は伝わっていないが、当然もっと低い。

想像するに、アンディは、過去2年、戦績を全く出しておらず、かつ、来季、以前のレベルに戻れる保証がないことは判っているので、大減額でも仕方ない、と認めるだろう。
何より、彼にとって優先順位1位は、金ではなく、「フランクと一緒」だから。

加えて、キム・アンデルセンも、傍に欲しい。
この2人を一緒に雇ってもらえるのなら、減俸は呑む、だろう。

というより、TREKのオファーを蹴って、他に行くところがあるというのか。
3人セットで受け入れてくれるチームがあると?
1年前の時期でも、移籍先をみつけるのは難しかったのに、今やドーピング有罪という傷のついたフランクとTdFで総合20位にしかなれないアンディを、どこのチームがエース待遇で迎える?

移籍だ、就職活動だ、と喋るJスポ実況陣には、「どこのチームが雇うと思うんです?MPCCはダメなの知ってますよね。MPCCに入ってないチームを挙げて下さい。このうち、どこが、兄弟を取りそうだと思うんですか?」と聞きたいくらいだった。

といっても、Trekが、足元を見て値切り放題だった、わけではないと思う。

法律上の契約の問題、があったようにみえる。

シュレク兄弟とLeopard SAとの契約は、来季まで有効だ。
Leopard SAが、来季参戦をしないとなれば、兄弟との契約が不履行になり、兄弟は賠償請求権を持つ。

Leopard SA(ベッカ)が、賠償請求を避けるためには、チーム運営をTrekが引き継ぐことを前提に、Leopard SAと兄弟との契約は、双方合意で終了し、Trekと兄弟の間で、新たに契約を締結する。そうすれば、円満に移行できる。

以前、TrekがLeopard SAからライセンスを引き継ぐなら、兄弟の契約も引き継ぐ、という理解をしたが、そうではなくて、契約は新たに締結し直し、と考えるものではないか。

そうと思いつくと、フランクの解雇発表のときのアンディの怒りは、こう理解できる。

・・オレは、ギャラに文句は言わない。フランクが、チームに戻って、一緒に走れるなら。
そのつもりで、Trekと契約する気でいた。それなのに、今季フランクを復帰させない、追い出す、って、話が違うだろ。
大筋で話がまとまったら、裏をかいて、今年の残りのギャラをフランクに払わないですまそうという魂胆か!

現オーナー・ベッカ、と同時に次期オーナーTrekの、対選手の窓口である(ようにみうけられる)グエルチレーナを問い質すと、「自分も、ベッカから、この話は聞いていない、判らない」と返答され、頭に血が上って、メディアの前でブチ切れた。

というのは、私の想像で、実態が何だったか、は永遠に判らない。
しかし、シュレク兄弟のTrekとの契約発表がTdF終了直前だったのは、彼等がそれまで、移籍を検討していたからではなく、詳細についてTrekと正式合意するまでに日数を要し、かつ、最初から予定していた日程だったのでは。

・・新しい材料が入って、あ~、間違った、と思ったときは、また書きます。

ぐちゃぐちゃした話や憶測きいてもわからん、という方に。
「給料3分の1にカット」といわれたら、最終的には受けるしかなくても、ハイ、と簡単にはんこ押せませんよねえ?

*ベッカを巡る「金」の問題

このチームに纏る「金の問題」は、さんざん言われてきたが、実態は、こちらには想像がつかない。
ベッカが、2012年1月にブリュイネールから150万ユーロ(約2億円)借りていて、うち90万ユーロを借りたままなので、ブリュイネールが裁判を起こし、返済命令が出た、という報道を、TdF前に読んだときは、「なにそれ」になった。
Becca ordered to repay 900,00 euros to Bruyneel (cyclingnews 6/20)

「それで、なぜ、いまだにフランクを解雇せず、チーム名簿に残しておくのか?給料を払っているのか?」
やっていることの辻褄が合わず、理解不能、しょうがないので棚上げにしておいたら、その後、こういう事態に。

●気づいたこと

RSLT公式サイトのトップページにある、Our favourite tweetsの中に、今はメンバーでないフランクの7/23付のツイートが載っている。
スポンサーサイト

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://leonazul.blog87.fc2.com/tb.php/1403-b2104ee6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。