南の国の太陽、空の色の獅子

Category :  自転車
tag : 
「シークレット・レース」を、6/27の文章を書いた後に読み始め、2日で読了。

読みながら、ページに印をつけまくる、思うことが滝のごとく溢れる、声を出して笑い出す、涙がこみ上げそうになる、最後のページに辿り着いて本を閉じた瞬間、頭痛が起こる。まあ大変。

といっても、USADA報告書の宣誓供述書を読んだときの衝撃ほどではない。あのときは、先へなかなか進めないほど大苦労をした。
今回は、さっさと先へ進めた。ストレスの大きさは比でない。

さて、何から語ろう。一番重要な話題から、か。

アンディ~たったひとつのこと

私は、本書を読み進む間、「アンディはTdFでドーピングをしていたか?の問いの回答を得る材料」を、記述の中に探していた。
最初は、「無意識」だった。途中から、はっきり意識上にのぼった。

本書内にアンディへの言及は、一箇所もない。名を挙げられたのはフランクだけである。
「ああ。だとすればアンディはクロだよねえ」という発想を呼び起こしたのは、ハミルトンが具体的・詳細に延々と述べ続けた、様々な場面におけるドーピング(EPO及び血液ドーピング)の「効果」、「ドーピングをするとどのようにパフォーマンスが変わり」、「しないとどうなるか」の記述だった。

アンディのパフォーマンスが、「ドーピングをしている選手のパターンに一致する」ことは、以前指摘した。彼のサポーターは「認めたくない」ことだと思うが、否定するのは苦しい。
クロ説を否定する材料も存在する。だが肯定する材料の存在も否定できない、という理屈。

リンク先ページで書いた、2007年ジロではクリーンだった、という推測もかなり危なくなってきた。
理由は2つ。

・筋金入り"ドーパー"ディルーカや、フェラーリ医師の指導を受けて効果的なドーピングをしていた選手複数が参戦していたレースで、ドーピングなし(ハミルトンの表現によるなら「パニアグア」("pan y agua"スペイン語で「パンと水」)で、彼等に伍する戦闘力を示せることは、まずありえない。
絶対に無理とはいわぬが、確率的にはかなり低い。
EPO及び血液ドーピングがパフォーマンスを向上させる程度は、それほどまで大きいため。

・リースが、ハミルトンの在籍したシーズンにチームとしてドーピングを実施していたことを疑う余地はゼロである。
ハミルトンの証言が作りごとだとみなすのは無理があるから。

昨年9月の原著の出版時にネット上で流布したのは、リースがハミルトンにフエンテスを紹介した、という話だけだった。そのため自分は、それ以上のネタはないのだと勝手に思っていたら、とんでもなかった。
リースがチームで行っていたドーピングの描写が、延々続く。
これでは、当時、デンマークのメディアとアンチドーピング機関が無視できず、リースに説明を求めていたのは道理である。
(といっても、リースはノーコメントを押し通し、追及は尻つぼみになって、今に至る)

一例:
2003年TdFで、血液ドーピングを行った直後に、検査官が来てしまったことがあった。このままだと危ないが、チームが適切に対処した旨を、ハミルトンは述べている。

慣習に従い、選手には通知から検査の開始までに若干の時間的猶予が与えられた。わずかな時間ではあったが、"スピードバッグ"と呼んでいた静脈注射用の生理食塩水を打つのには十分だった。これでヘマトクリット値を3ポイントほど下げられる。
ソワニエやチームドクターがチームにとって重要な理由はここにもある。彼等はこのような場合に対処できるよう、いつでもスタンバイしているのだ。
CSCのクルーはポスタルと同じくらい優秀だった。スピードバッグをひとつ投与すると、僕の数値は安全なゾーンに戻った。
そう、これはチームスポーツなのだ。


2010年TdFで、検査官が来ないか常に見張る偵察係を配置しているチームがある、という指摘をWADAの調査報告がした。
この指摘の意味は、わずかな時間でも稼げれば、異常値が出ないような対処をできるので、そのための行動だ、ということである。

ちなみに、私が思わず笑い出したのは、この箇所ではなく(ここで笑ってもいいのだが)、9ページ先の箇所である。(後述する)

しかし、その100ページ先にあった記述を読んだとき、それまでの様々な感覚や思考が一気に吹き飛ばされ、不覚にも涙がこみあげそうになった。

ハミルトンが、ドーピングを家族に初めて告白したときの描写。

すべてを言い終えた後、母が僕を抱きしめた。

抱きしめられながらわかった。母はこれまで一度だって、僕がツールで優勝するとか、ビリになるかなんて気にかけていなかった。
母が気にしていたのは、たったひとつだけだった。
僕に元気でいてほしい。幸せな毎日を過ごしてほしい。ただそれだけだった。


そうだ。
ガビー母さんも、息子たちがツールで何位かなんて気にかけたことはなかった。
彼女が気にしていたのも、たったひとつだ。
彼女がいつもアンディに言ったのは、危ないことはしないで、ということだけだった。

そうだ。

私も、何度も書いた。
彼が、生きて、元気で、レースを走っていれば、それでいい、と。


そうであるなら、私も、彼が何をしたとしても受け入れることができるのではないか。

(続く)

シークレット・レース (小学館文庫)シークレット・レース (小学館文庫)
タイラー・ハミルトン ダニエル・コイル 児島 修

小学館 2013-05-08
売り上げランキング : 757

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スポンサーサイト

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://leonazul.blog87.fc2.com/tb.php/1382-9ab9f00e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)