南の国の太陽、空の色の獅子

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  自転車
tag : 
<追記>(5/8)

記述中に間違いをみつけたので訂正する。

ポポヴィッチについて、UCIのターゲットリスト(ドーピング疑わしさランキング)で、ただひとり「ランク10」をつけられた、と記したが、「ただひとり」ではなかった。
「10」は、もうひとりバレドがいた。

UCI's suspicious list leaked from 2010 Tour de France(cyclingnews 5/13)

ついでに補足を記す。
4/30にアップしたときは、cyclingnewsの記事を読み返さなかった。
今日、改めて読み返し、「2011年5月当時とは大きく異なる」解釈をする。

ランク6以上の選手は、99%クロ、という解釈でいい、と思う。
「2009~2010年」の期間で、である。
真っ黒であることが立証済の「2007年以前の時代」のことではなくて。

ランク5は、70~80%か。



CICLISSIMO NO.33を書店でパラパラ読みながら、「ブログに自転車RRの話題を書くのを止める潮時みたい、やっぱり」と思った。

ただ、私が今まで書いてきた動機のひとつは、自分が海外のサイトで読んだ情報が、「日本語では紹介されていない」、あるいは「正確に流布していない。誤認が広まっている」ので、「読んで!知って!」という欲だった。
この欲が生じる機会は今後もありそうで、そのときは改めて考える。
「伝えたい特定の相手はいない。不特定対象は無視。誤認しようがほっておくもの」と割り切ることができれば、沈黙を守れるだろう。

●ランス・アームストロングがもたらしたもの

「ランス・アームストロング」の事件によって自転車RRから離れる観客がいるのは残念だと、雑誌を作る側にいる人々は言う。
そういった記述は、私を少しいらつかせる。

雑誌記事を執筆する人々は、ランスより前から自転車RRを知っていて、この業界で生活して(自転車RRでメシを食べていて)、ランスがドーピングしていたことは、じゅうじゅう承知していた
ランスがクリーンだと思っていた人など、業界の内側には誰もいない。

自転車RR界の内側にいて、ランスがクリーンだと「本当に」思っていた人がいたとしたら、「自分の周りの世界に関心を払わず、それでも生活していかれる」奇特な能力あるいは環境を持った人だと思う。

業界の内側だけでなく、観客も、「知識を持っていれば」、事実を認識できた。
だから、あれほど大声で、疑惑を主張し、糾弾する声が繰り返されたのだ。

ランス以前を知らず、ランスを賞賛する報道をきっかけにTdFを見た「新参者」の私は、「批判者たちの主張が正しかった」ことを悟るまで、随分時間がかかった。
それはいたしかたない。最初の時点で批判を信じたら、興味を持って見始めるわけがない。

その後、クロの可能性を否定できない、と傾き始めたが、当初は、「たとえクロだとしても、ドーピングだけで7連覇はできないから、評価できる」という擁護をした。

これは、「後づけの正当化」だ。
自分が事実を見誤ったことと、都合の悪い事実を認めざるをえなくなったとき、不快・失望から逃れるための方便である。

私は、ランスに対して、「我々観客を騙した」という非難はしない。
不快を引き起こすのは、「彼の嘘を見抜けなかった自分の愚かさ」である。

耳に心地よい賛美の声を選び、心地悪い指摘を切り捨てた。快のために、事実を捻じ曲げて受け取った。

「ランス・アームストロングとツール・ド・フランス」は、最終的に、私に「自分の愚かさ」と同時に「醜さ」を悟らせる存在になった、といえる。

仮に、当時の私が、「TdFで活躍するトップ選手は全員ドーピングしていて、ランスもその1人」という「事実」を正確に認識していたら、私は彼を批判し、疎んじただろうか。
いや。彼に対する賞賛に変わりはなかっただろう、と思う。

彼や、彼と同種の英雄ミヒャエル・シューマッハーを賞賛した頃の自分は、「強いこと」「勝つこと」「欲しいものを手に入れること」に価値を置き、弱者・敗者に目を向けなかった。
スポーツにおける「公平さ」という価値も、無視した。
それは、自分自身の優越欲・支配欲・達成欲の深さ、利己主義を意味している。

みつからなければ、ズルをしてよい。
罰せられなければ、ルール違反をしてよい。
人を騙し、ふみつけにして勝利を目指すのは正当な行為。
勝利がすべてに優先する。

ランスやミヒャエルの持っている、極度に自己中心的な価値観を、私自身が持っていた。
更に、それを公言することに、何のやましさも恥ずかしさも感じなかった。
今の私にはできない振る舞いを、かつての私は平然とやっていた。

●失われた信用

私の知る限りでは、自転車RR界の内側の人々(日本人)は、我々「新参の観客」に対して、「自転車RR界は、ドーピングをなくす努力を続けていて、昔と違って今はクリーンになった」と、常に、語ってきた。

ランスが09年に復帰したときも、ドーピング疑惑を伝えることはせず、レースが面白くなると歓迎した。
誰かが検査で陽性を出し、有罪が決まれば、その度に、「残念」という感想と、それでも「自転車界の検査は他の競技に比べれば格段に厳しい。昔と違ってクリーンになってきている」という弁解と正当化をし続けた。

彼等は、5年前も4年前も3年前も2年前も1年前も今も、同じ台詞を繰り返す。
「今は、前よりクリーンになった」「自転車界は努力をしている」とまったく同じ言葉を。

彼等は、ランスがクロであることを知りながら、隠し続けた。一緒に嘘をつき続けた。嘘を聞かされ続けたことに気づいた観客に、今尚信じてもらいたいのなら、いい加減別の説明を工夫した方がよい。

「過去のドーピングについて自分の知っていること」を正直に話すことができないのは判るから、譲歩はする。
しかし、「本心ではドーピングを容認している」と此方に受け取れる言葉を繰り返すのが適切とは、私は思わない。

スポーツ界のドーピングに関しては、競技側の人々よりも、アンチ・ドーピング機関(WADAやUSADA)の主張の方が、「信用」するに足る。
それが、現在までに辿り着いた私の見方だ。

●フェラーリの顧客たち

USADA報告書の中の、カラビニエリ(イタリア軍警察)から提供されたベルタニョッリの供述書を、先日読んだ。
イタリア語のPDFを機械翻訳にかけられず読めないでいたら、クロイツィゲルの記事で、英語翻訳のページの存在を知った。

クロイツィゲルは、アルデンヌのレース会場で彼にコメントを求めに通ったvelonewsに対し、「あとで話す」「今はレースに集中する」という返答で逃げ回った。

もし、彼がフェラーリの顧客ではないのであれば、「ベルタニョッリとビレカが言ったことは嘘だ。自分はフェラーリの客だったことはない」と返答すればよい。ノーコメントを押し通す必要はない。
コメントしないのは、フェラーリの顧客だったことを認めたのと同義である。

ベルタニョッリの供述書から幾つかを。

・フェラーリのキャンプや家で会ったり、選手同士の会話から、顧客だったとして挙げた名:
ポポヴィッチ、ビレカ、ヴィノクロフ、ベルトリーニ、キッキ、ペリゾッティ、ガスパロット、クロイツィゲル、ポッソーニ、フランチェスコ・モゼールの甥のひとり

・彼は2007年からリクイガスに在籍した。リクイガスのチームメート複数が、上記の他にもフェラーリの所に来ていた。
リクイガスは、所属選手たちのフェラーリとの関わりを知っていて、容認していた。

・2008年になると、リクイガスはフェラーリとの関係を禁止した。

・2007年、Adams(居場所報告システム)により、レース時以外でのEPO使用が発見されるリスクが高くなったので、血液ドーピングを始めた。
それまでは、レース以外の時間(レース前)での使用という、「身体能力を高め、かつ検査で発見されることのない」薬物摂取を、フェラーリが選手に合わせて個別の(綿密で巧妙な)計画を策定し、実行していた。

・2009年と2010年にも、血液ドーピングを行った。

・2010年末、調査が始まり、みつかる危険が生じたとき、フェラーリから対処のアドバイスを貰った。現在持っている道具を処分しろと言われ、別の道具を教えられた。

(注:USADA報告書内の供述書一般にいえることだが、供述を取った側の第一目的は、ランスやフェラーリの有罪の立証であって、証言者のドーピングを詳らかに暴くことではない。そのため、内容には、不鮮明で、解釈を迷う点が多数あり、読み方には注意が必要)

2007年のリクイガスといえば、ジロのエースがディルーカである。結果は優勝。
ディルーカは、ジロ期間中の検査では陽性を出さずとも、ドーピングしていたとみなすのが妥当だ。

彼は、一度でなく繰り返し疑惑を追及され、最終的には自白した、「常習」とみなしていい部類に入る選手だ。
2007年にリクイガス在籍の選手複数がドーピングしていたとする今回の証言資料は、そのチーム内で優る力をみせてエースでいるのはドーピングしていたとみなすのが妥当、という新たな論理を生む。

とすれば、「ディルーカはアンディから優勝を盗んだ」というファンの主張はごもっともである。
もっとも、この主張には、「アンディはドーピングしていない」ことが前提として必要で、「客観的には」、2007年度のCSCの信用度が、リクイガスより高いという主張は無理、という難がある。

2007年は、オペラシオン・プエルト直後で、ドーピングが下火になったと、今までは思っていた。だが、様々な証言が表に出てくるに従い、そうではなかったとみなさざるをえなくなった。
これまでは読むことがなかった「供述書」という「一次資料」は、私の認識を大きく変化させた。

OP後も、フェラーリ医師は相変わらず仕事を続けていたし、薬物供給ルートやサポートは絶えてはいなかった。

USADA報告の資料にあるイタリアから提供されたもうひとつの供述書、ビレカのそれは、読めないので、内容は判らない。

ポポヴィッチ、ペリゾッティ、ガスパロット、ベルトリーニ、ベルタニョッリ、ポッツァート、ガルゼッリ、マシャレッリ、クロイツィゲル、ルイス・レオン・サンチェス、ポッソーニ。とベルタニョッリの供述と概ね共通する名が連なっている。

ヴィノクロフ、カシェチキン、クレーデン、ケスラー、グセフ、は別の文脈。
ポポヴィッチの名が、数十回登場する。

ポポヴィッチのクロは、110%確定といえると思うが、彼は何のお咎めもなく、今も元気にレースを続けている。
「どうみてもおかしい」という感覚は、「自転車RRファンでない人間の感覚」なのだろう。

UCIのターゲットリストで、ただひとり「ランク10」をつけられたときはネタになったが、今は、ネタでは済まされない。
振り返れば、このときのレディオシャックとアスタナ2チームの点数の高さは、「事実」を反映していたのである。

USADA報告書内の、WADAの2010年TdFのドーピングチェックの調査報告書で、検査官の来訪を、ホテルの窓辺で監視しているスタッフがいるチームが複数ある、という記載がある。

チーム名の記載はないが、これはレディオシャックあるいはアスタナでは、という想像が湧く。
いずれにせよ、WADAは、2010年TdFでのドーピングチェックは、十分に満足できるレベルで実施されてはいなかった、とする評価を出している。

●ツール・ド・フランス

今年は100回記念大会と宣伝しているが、公式サイトは、過去の大会の公式記録一覧を、「誰でも見られる場所」には掲載していない。

以前は掲載していた。
私は昨年、2010年の優勝者の記載をいつ書き換えるのかに興味があったので、時々見に行っていた。
CASの裁定が出た後、けっこう長い期間そのままで、暫くしたら、サイト全体をリニューアルし、Historyのページが丸ごと消えてなくなっていた。

これには「やられた」となり、その後はマメにチェックしなかったので経緯は判らぬが、現在、Historyのカテゴリーに、過去99回分の公式記録を記載したページはリンクされていない。
Searchで閲覧できるのかと思いきや、IDとパスワードを要求してくる。なんだそれは?

開催回数を誇るイベントが、歴代公式記録を堂々と掲載しないのは、どうみても不自然だ。
合計99回の直近14回のうち9回の総合優勝者が後日ルール違反で優勝取り消し、7年間は優勝者なしの空白、という記録は「みっともない」からだろう、と此方は思う。

この「歴史の汚点」は、主催者ASOが引き起こしたことではない。しかし、一方的な被害者でもない。
ランス・アームストロングによって、TdFの世界的知名度は上昇し、アメリカからの資本が流入した。
ランスだけでなく、TdFも、巨大な利益を得た。

ランスのドーピングが、なぜ今まで隠され続けてきたのか。

その回答は、「ランスという存在によって利益を得た範囲が極めて広かったから」だろう。
「奇跡の英雄」によって、TdF(ASO)のみならず、自転車界全体、関係する企業、メディアたちが、大きな利益を手にした。
ランスが英雄のままでいることが、ファンの願望であり、ランスによって利益を得た諸機関の利益でもあるため、英雄像を維持することに、一致協力した。

(そして、真実を訴えた少数の人々を、ランスと一緒になって、嘘つき呼ばわりをして、貶め潰した)

それが、自転車RR界に利害関係を持たない完全なる外部機関のUSADAが、脅迫にも屈せず、決然と調査を続け、表の場に引きずり出すまで、真実が隠され続けていた、本質的な原因だと思う。

自転車RR界を擁護・応援し、TdFを賛美する人々は、そのことをはっきり認めた方がいいと思う。
過去の汚点に向き合うことをしない者は、同じ失敗を繰り返す。歴史は、それを教えている。

●突き刺さった棘

長々とした文章の終わりに。

フランクが、昨年のTdFで陽性を出すことがなかったら、ドーピング問題に関する現在の私の態度は違っていたと思う。

彼の事件がなかったら、多分、今頃は気にしていなかっただろう。
ランスの事件は乗り越えられる。自分の内では、2010年時点でクロの結論を出していた。USADA報告が出る前に、見限って、突き放していた。

自転車RR界全体が、2006・07年と比べたなら、明らかにクリーンになった、ということを、私は、事実として認めている。
一足飛びではないが、クリーンな方向へ向かっている。
「真に」願い、努力を続けている人々がいて、成果が出ていることを、否定はしていない。
クリーンな自転車界を願うファンは、未来を悲観せず、希望を持ってよい。

けれども、「2012年TdF・フランク」。
この棘が、私の喉に突き刺さっている。

総合して出す結論としては、今回の件は汚染であった蓋然性が高いといっていいのだろう、と思う。

そして、私がアンディを見初めた2008年TdFと、2009年TdFと、2010年TdFでアンディがみせた力は、ドーピングによるものではなかった、と判断してもいいのだろう、と思う。

けれども、私は、ランスのとき、間違えた。

私は、自分の判断力を、疑う。

自分の判断に対する懐疑を消し去ることはできない。
ものごとの考え方として、それが正しい、と思う。

ゆえに、棘は、突き刺さったまま、抜けずに、今もそこにある。
スポンサーサイト

コメント


初めてコメントさせてもらいます。

いつも貴殿のブログを楽しみにしている者です。
貴殿の考察は、毎回素晴らしく大変参考にさせてもらっています。
新参者のアンディファンでもあり、シュレック兄弟の情報を探していて貴殿のブログに辿り着いたのは二年前くらいでしょうか。
それからずっと楽しんでおります。
私のように、貴殿のブログのファンもおりますのでこれからも書いていただけると嬉しいです。
長々失礼しました。
2013/05/01 14:51URL  ちきん #-[ 編集]


コメントくださって、有り難うございます。

コロッと変わって、ばんばん書き始めたら、「私のおかげだ」と思って下さい。

・・といっても、今日時点では、上で書いた通り、煮詰まってるんですね。
一念発起して、必死になって幅広く情報を取り込み(今の自分は自転車RRに関する基礎的な知識がなさすぎます)、一定レベルまで持ち上げた上で、考えに考えれば、結論に達する可能性はあります。
でも、そこまでする気力はなく、とすると、横に押しのけておく、という対応をするしかない状況。

沢山資料を読んで、深く考える必要のあること、あるいは、眉間にしわ寄せずに楽しめることは、他にあります。色々と。

お声かけていただいたことに、感謝します。
どうも有難うございました!
2013/05/02 20:16URL  RIHO #-[ 編集]


はじめまして。私もいつもこちらのブログを楽しく読ませていただいておりました。この頃くじけそうになるのですが、それでもアンディ君ファンです。いつもこちらでいろんな情報をいただいて、楽しみにしておりました。
できれば、ブログでたまに自転車RRの事を書いてくださると嬉しいのですが、、。でも、ご自分のブログですので、ご自分の好きな事を書かれるのが一番なのだろうと思います。ただ、たまに気が向いた時に少しでも書いてくださると嬉しいです。
2013/05/03 03:31URL  himekagura #sNvI8JgQ[ 編集]

himekaguraさん
はじめまして。
コメント有難うございます。

ブログを拝見させていただいて、「そうよねー、ブログって、こういうふうに、自分が楽しいと思うことを書くものよねー、うじうじ悶々してるのを晒すもんじゃないわー」という気分になりました。

いや、一晩で元に戻って、相変わらずネガティブ・ガチガチのことを書くと思います。(本性は変わらない)
その中で、多分、アンディのことも書くことになると思います。
どういう局面か(いいときか悪いときか)は判りませんが。

ご本人がさじを投げるまでは付き合うと思います。
スタンスは、彼のお母さんと同じようなものです。
命を失う危険を冒して、勇気を出して走れとは言いません。
「スポーツ観戦」の立場の人々は、「リスクを恐れて負わない」のは腰抜けと蔑むでしょうが、私は、腰抜けでかまいません。
生きて帰ってきてくれることより大事なことはありません。

それと・・自分のマンションは、大規模修繕を2年前に済ませました。
雨で、作業が予定通りに進まないのは普通に起こりました。バルコニー前面に足場を組まれ、カバーで覆われましたので、不自由もありましたが、10年に一度のことです。みなが通る道なので、乗り切って下さい。
2013/05/03 20:47URL  RIHO #-[ 編集]


はじめまして。いつも楽しく拝見させてもらっています。
2011年度TdFから自転車RRに興味を持った新参者です。
「怒り」や「悲しみ」を感じるのは「好き」という気持ちの裏返しだと思います。
好きでもない人にすればドーピングをしようが気にしないものだとおもいます。(たぶん)
「くじけないで」なんて無責任な言い方はしたくないのですが私もあなたのブログを楽しみにしているファンの一人です。
2013/05/10 20:18URL  e'tape 18 #9moh1.ck[ 編集]

e'tape 18 さん

はじめまして。
コメントどうも有難うございます。

はい、そのうち復活するだろうと思います。
今は関心を向けているものが別にありますが、彼の代わりに気に入った子をみつけたわけでもありませんから。
多分、かけっこの類を見るのは彼でおしまい。・・できれば、の話ですが。
2013/05/11 21:22URL  RIHO #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://leonazul.blog87.fc2.com/tb.php/1365-a0b7b3ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。