南の国の太陽、空の色の獅子

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category : 
tag : 
生きる力 心でがんに克つ生きる力 心でがんに克つ
なかにし 礼

講談社 2012-12-21
売り上げランキング : 26933

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

がん闘病記に分類されるのだろうと思うが、がん治療に関する情報を期待すると外れる。
描かれているのは、著者自身の像である。
私は、著名な作詞家であることしか知らなかったので、内容に少なからず驚いた。

2012年2月に食道がんが発覚したとき、毎年受診していた精密検査をこのときに限って怠っていたことを後悔したが、原因は、東日本大震災だった、と記している。
2011年は、例年通り胃カメラ検査に行こうという心境でなかった。

東日本大震災という国家的危機の状況において、国が一体何かをしてくれるか。その点に関して、旧満州からの引揚者としての私は相当にすれっからしだ。
国というものは情報を隠すし、必ず加害者側の利益保全を考え、犠牲者側には立たないということを、私は第二次世界大戦のときの満州ですっかり味わってしまっている。ソ連軍が攻めてきたとき、関東軍は居留民を置いてさっさと逃亡していた。しかも、彼らは自分たちの“影”をつくろうとして、15・6歳の少年に軍服を着せて、銃に見立てた木の棒のようなものを持たせて、ソ連国境に全員配備した。


もし自分たちが逃げたということを居留民が知ると、居留民はパニックを起こし、国へ帰る引き揚げ列車を出せという騒ぎになる。それをソ連が聞きつけてソ連の侵攻が早まってしまうかもしれないので、「静謐を保て」ということが軍上層部の命令になる。だから、一般居留民にはそういう情報は一切届かない。


日本の陸軍は満州そのものを捨てて、併合していた朝鮮半島を守れということになった。それから大混乱が起きる。私たちは、牡丹江からハルビンに行って、そこで収容所生活が始まる。一日二度のコウリャン粥を食べながら生活しているうちに父親と再会したが、その父親はソ連軍の強制労働に連れられていってしまった。
そこで大人たちは絶望に浸っていた。日本政府は、「居留民は、満州の地で生きるも死ぬも勝手にしろ、日本は、あなた方を迎える余裕も食べさせていく余裕もない」というとんでもない理屈を言ってきた。“国に捨てられた”のは、それが二度目。


お上というのはこんなものなんだ、私は骨身にしみ込んでいるから、原発事故が起きたら国は当然うそをつくし、犠牲者の目線で物事を絶対に見ない。それがわかっていたから、なおのこと3.11及び原発の問題というのは、国が関わっているということで、私にとっては大事件だった。SPEEDIの問題なんかもみんな後でわかることだけれども、「甲状腺の異常と原発事故との因果関係は考えられないと話を合わせましょう」などという秘密会議を開いているわけだから、どうしようもない。第二次世界大戦のときに国家を支配していた人間たちと同じで、今も何も変わっていない。
このような国にあって、どう行動し、どう考えることが一番正しいことなのか、そのことで頭がいっぱいになり、胃カメラ検査を受けている暇がなかった。


著者は、満州での経験次いで帰国後の兄との愛憎といった波乱の人生を、自伝的小説(「兄弟」「赤い月」「黄昏に歌え」)で描いているのだそうだ。初めて知った。



著者の特殊な来歴やパーソナリティを考慮に入れても、本書は、これまで読んだがん闘病記とは非常に異なる印象を私に与えた。
その原因は、「がんに勝った(生還した)」立場での記述だから、だろうと思う。

私が読んできたのは、亡くなった人の遺稿だった。
私ががん闘病記を読む目的は、「自分ががんになって死んでいくことを想定して、死を受け入れる心構えを学ぶこと」であり、ゆえに生還者の本は役に立たないとみなして、選ばない。

実際にがんが発覚する日が来たら、その後は、生還した本ばかり読むようになり、それまでのことなのだろうけれど。
スポンサーサイト

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://leonazul.blog87.fc2.com/tb.php/1361-e8a0b530
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。