南の国の太陽、空の色の獅子

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  自転車
tag : 
●【フランク・シュレク事件】UCIの決定について

UCI控訴せずのニュースは、ルクス国内メディアしか扱わず、英語メディアたちは紹介しなかった。
実は、「期限が3/22である」ことの裏はとれていなかったので、続報に注意していた。が、一週間経って何も報道がないので、事実とみなしてよさそう。

先月までに自分が得た情報では、UCIが引き下がると見込むのは「希望的観測」にしかみえなかった。
控訴しなかったUCIの腹は、自分には判らない。
色々想像できるが、どれと推定する根拠はない。

UCIの腹の推測ではなく、決定に対するひとつの「評価」を記すと、

・「コンタドールと同種のケースとみなす」なら、「彼と同程度の出場停止期間を与えた」ことになり、公平。

コンタドールの「実質的にレースに出られなかった期間」は、2012年シーズン開始からTdF終了時までの約半年である。
一審の国内機関が無罪にしたため、上級審のCASが有罪を出すまで、2011年シーズン丸々1年レースに出続けることができた。
CASは、出場停止2年を課したが、起算日を遡らせ、レースに出ていた期間を含めたので、「事実上の停止期間を半減した」といってもよい。

今回、フランクに「コンタドールと実質的に同程度の出場停止期間」を与えるとするなら、「今年のTdF明けまで」であり、ALADの決定でOKである。

UCIがこう考えたかも、という想像ではなく、「コンタドールと比較した場合のバランスはとれている」という評価。

といっても、「コンタドールと同種のケースとみなすのが妥当なのか」も「コンタドールの件についてのCASの判断が妥当なのか」も、依然疑問だ。
念を押して記すが、「フランクの件についてのALADとUCIの決定は妥当」だと私が判断したわけでもない。

WADAの判断が出るまで待ちの体勢が続く。

●アンディ

Criterium Internationalを完走。
山岳ステージの最終日は、逃げに乗った。
少し前進。

レース後コルシカに残ってトレーニング。
今年のTdFのスタート地だからである。
同伴は、モンフォール、クレーデン、ディディエ。

RSLT公式がビデオを掲載。


この面子はそのまま来週スタートのTour of the Basque Country (1-6 April)に出場。
今日付でリストが発表されている。

Tour of the Basque Country (Spain) – April 1-6 – UCI WorldTour

Riders: Matthew Busche, Laurent Didier, Ben Hermans, Andreas Klöden, Maxime Monfort, Andy Schleck, Jens Voigt & Haimar Zubeldia

Directors: Kim Andersen & Josu Larrazabal
スポンサーサイト

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://leonazul.blog87.fc2.com/tb.php/1349-f62547cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。