南の国の太陽、空の色の獅子

Category :  フィギュアスケート
tag : 
JSPORTSの世界ジュニアの放送を見始めましたが、EXの放送の最後の「日本は、6年ぶりにメダルなし」という言葉に、「フジあたりは、今の日本女子は史上最強、などと言っていたが、先に目を向けると、おちおちしていられないのでは」と思いました。
世界ジュニアの勢力図は、数年先のシニアにダイレクトに反映すると思います。
女子シングルは、アメリカがやっぱり強い。キャロライン・ジャンとナガス・ミライ、共に13才。ミライは両親日本人で、日本国籍も持っているので、日本代表になってほしいと杉田さんが連呼しておりました。(気持ちは判りますが)
シングル壊滅のロシアは、ペア競技の伝統は根強いことが確認できて、少し安心。
そもそも、ロシアでシングルが強くなったのは、ここ最近ですから、元に戻ると思えばいいという考え方もあります。
(男子は、五輪で5連続金をとっていますが、ペトレンコがソ連で最初の五輪金メダリストでしたし、女子はもっと非力で、トップクラスはスルツカヤ1人といっていいかと)
スポンサーサイト

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://leonazul.blog87.fc2.com/tb.php/13-04870017
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)