南の国の太陽、空の色の獅子

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  自転車
tag : 
●【フランク・シュレク事件】

ALADが、ヒアリング終了を伝えるリリースを出す。
結論はすぐには出せず。いつになるかの見通しも述べず。
・・此方は待機するのみ。

Communiqué (17.10.2012)
Conseil de discipline contre le dopage du 15.10.2012

Initialement fixée au 8 octobre 2012, la deuxième audience du Conseil de discipline contre le dopage (CDD) dans le cas de la violation présumée d’une règle antidopage par le coureur Fränk Schleck vient d’avoir lieu le lundi 15 octobre 2012.

Sous la présidence de Martine Solovieff, avocat général, la réunion s’est déroulée de 18 à 21 heures dans la Maison des sports à Strassen.

L’ALAD était représentée par le juriste Raymond Mousty, membre de son conseil d’administration.

L’Union cycliste internationale (UCI) a décidé de s’impliquer directement dans la procédure et elle a été représentée à ce titre par la juriste Dominique Leroux de son service juridique.

Le coureur Fränk Schleck a été entendu et, assisté de ses avocats Albert Rodesch et le Suisse Antonio Rigozzi, les voies et moyens de défense ont été développés.

Le coureur Maxime Montfort a été entendu en quelque sorte comme témoin de moralité.

Cité en tant qu’expert par la défense, le docteur Laurent Rivier, conseiller scientifique établi à Lausanne, a détaillé le contenu de son rapport écrit.

N’étant pas prêt pour l’instant de prendre position quant aux différents rapports venant d’être soumis, l’ALAD fera procéder de son côté aux expertises requises.

L’affaire est donc ajournée sine die dans l’attente des conclusions écrites versées au CDD dans les meilleurs délais.

Communiqué par l’Agence luxembourgeoise antidopage (ALAD)


●ツールの歴史を書き換えた男

ランスのドーピングは、誰かが特別なことをしなくても、時が経てば、いずれ知られることになったかもしれぬが、今の時点で公になったのは、「ランディス」という一人の男ゆえのように思う。・・現時点での私の印象では。

彼は、アームストロングから目をかけられ、行動を共にし、ドーピングの手ほどきを受けた。
ランスは彼に、アパートの鍵を預け、冷蔵庫に保管した血液の管理まで任せた。
そこまでした相手が、僅か数年後に、ペ~ラペラ喋りまくり、自分を破滅に陥れるとは。

ランスは、完全に「選ぶ相手を間違えた」のである。
「ヨハン(ブリューネル、チーム監督)と僕がそれまでの5年間、いっしょに仕事をしたいと思える仲間を、慎重に見極め、引き抜き、契約してきた」と豪語したが。

今の勢いだと、TdF7連覇は、剥奪になるだろう。どうやら、USADAの作った資料一式は、判断保留にしていた人間たちに、ぐうの音もつかせない威力があったようである。

7連覇の記録を作ったランスは凄いが、それを無かったことにした、すなわち「記録を書き換えた」ランディスが、上をいった、ということになるのかも。

・・それにしても、USADAの資料は、面白い。
多数の証人の証言に、ランスの自伝や当時の発言を組み合わせての作文は、「これ書いた人、楽しかっただろうなあ」と思わせる。
私が引用した自伝のフレーズが引用に出てきたときは(P.55)、転がりそうになった。
スポンサーサイト

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://leonazul.blog87.fc2.com/tb.php/1287-15e4c382
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。