南の国の太陽、空の色の獅子

Category :  自転車
tag : 
10/10、USADAが、期限を守って、ランスのファイルをUCI・WADAに送り、同時に、HPに掲載し、一般に公表した
大量の文面・証拠の列挙、関連記事はおいおい読んでいくとして、ざっと見た感じでは、これといって目新しい件はない。重要な点は、事前にリークされていた。

さて、再三記すように、当方は、本件を「過去のこと」で済ませられる、恵まれた立場にはない。
応援する相手の「来季」を左右するのである。

・ブリュイネールの首が絞まるのは「時間の問題」であることは既に判っていたが、今回の公表を受けて、具体的な進展があるか?
・ドーピングを自白したと明確に記述されたのは、元USPSの選手たちだけだが、彼等の証言の中には、他の人物の名が出てくる。「火の粉」に注意。



日本語の記事は、自転車専門サイトはピント外れ。このあたりが役に立つ。
アームストロング氏の追放処分、USADAがドーピング違反の「証拠」を公表
ウォール・ストリート・ジャーナル日本版の記事2本
自転車チームの「ドーピング文化」、アームストロング氏が元凶=米規制団体
わたしがドーピングをした理由―自転車ロードレース現役選手の告白(ライプハイマー)

Schleck on RadioShack: ‘I will respect my contract’(velonews 10/10)
このアンディのインタビューは、USADAファイルの公開前に行われたもの。
スポンサーサイト

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://leonazul.blog87.fc2.com/tb.php/1283-2ba6e5a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)