南の国の太陽、空の色の獅子

Category :  F1
tag : 
「シーズンが終了するまでは、手厳しい評価を下さない」のが私の主義。
今年のチャンピオン争いのレベルについて、富士が終わった今の時点で、厳しい意見が多いことに道理はある。
「今年のチャンピオンは該当者なし」のセリフは、今宮氏のオリジナルではない。99年に、週刊プレイボーイが書いた。
我意を得たりだったから、覚えている。今年、「タイトル争いの低レベルさ」で、99年を連想する人は多いと思う。

ミヒャエルの事故後、フェラーリ・マクラーレン共に、緊張感を欠き、チームもドライバーもミスを連発した。
ハッキネンが自爆、アーバインがサロに遅れ、HHF優勝というイタリアGP後、残り3戦で、ハッキネン、アーバイン、デビ、HHFの4人に、タイトル獲得の可能性が残されていた。
この際、HHFがタイトル持って行けばいい、というヤケクソ話も出た。HHFのジョーダンはフェラーリ・マクラーレンより明らかに力が劣ったから、ありえないことは判っていたが、劣るマシンで奮戦したHHFは、高い評価を得、その年のベストドライバー投票では、数か所でHHFが1位になった。

今年、HHFのポジションにいるのは、クビツァ。そして結末だが、99年は、本命のハッキネンが、グダグダで、ガーガー貶されながらも、最後は(最後だけは)ビシッと決めて、タイトルをとった。
今年も、現在ランキング首位にいるドライバーは、マクラーレン所属で、名前がハで始まるが、はて、結末はどうなるだろう。

(自分のカンは、「思い入れの対象がタイトルを取れるか取れないか」の観点しか作動しないので、今年のタイトルの行方には全く関知しない)

・今季最大の暴落株
結果が既に出ている人の話をする。

ライコネンを、「シューマッハのNEXT」と評価した、数多くのメディア・関係者の目は、「節穴」であった。
このことを、結論として、ようやく言えることになった。(数年越し)

これも、言っておこう。
「最大級の節穴は、ライコネンを取って、ミヒャエルを切った、モンテゼモロ」

タイトル争いできる戦力を持つチームに所属しながら、2戦残した時点でタイトル争いから数字上完全に脱落というのは、「F1界NO.1のドライバー」がすることではない。

斟酌の余地は、ない。
同じマシンに乗るマッサは、タイトル争いをしている。ライコネンのマシンに、マッサよりもトラブルが極端に多く出たという事実はない。(01年のハッキネンは、デビよりも、多くのトラブルに襲われたという事実がある)
その他の考慮すべき事情も、ない。
チームがマッサ寄りで、チーム内の環境にハンデがあったという事実は認められないし、不運に見舞われ続けたのでもない。

ライコネン自身が、「マッサより遅く」、ポイントを稼げなかった。

今年の彼の不振の原因は、タイヤに熱を入れることがなかなかできないことで、予選でタイムを出せず、グリッドが後ろになり、レース結果も悪くなった、と言われている。
平たくいえば、ドライビングスタイルがマシンに合っていない、マシンが彼に合わない、という類のことだったらしい。
この「マシン(タイヤ含)の特性が合う合わない」現象自体は、よくみられることだが、この問題を克服することができないために、チームメートに後れをとるなら、「F1界トップのドライバー」と認めることはできまい。

昨年、MIからBSに乗り換えたドライバーの複数が、BSを使いこなすのに苦労した。フェルナンドは、かなり苦労し、ハミルトン相手に苦戦した。
彼に比べるとライコネンは、慣れるのが早く、彼の方が「技能」が優る、とみなすものか、と思ったが、今季を見ると、その解釈は誤っていたらしい。

昨年念願のタイトルを取って、モチベーションが下がった、という解釈は成り立つが、(大方の予想に反し)契約更新を発表した。
今年でやめるなら、今季の不調に納得するが、どうもそういう気でもないらしい。

私は、富士が終わるまで、心の片隅に、ライコネンが逆転する期待を残していた。
彼を買い被った理由のひとつは、数多くの専門家の目が節穴とみるのは無理がある、という理屈だった。

だが、もうひとつは、理屈ではなく感情、「ミヒャエルが不本意な形でシートを明け渡したドライバーが、この程度のやつだったのか」と思いたくなかったからだと思う。

・・・・・・・・
昨日まで書くことが出てこなかったが、今日出てきた。
文章が出てきたときは書く、ということで。(完全に気紛れ)
スポンサーサイト

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://leonazul.blog87.fc2.com/tb.php/125-e086202b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)