南の国の太陽、空の色の獅子

Category :  自転車
tag : 
●アンディ

Andy Schleck : «Aujourd'hui, on est dégoûtés»(Le Quotidien 7/18)

毎度のフランス語→英語機械翻訳

What is your reaction after the announcement of this abnormal control?

Andy Schleck: I'm 100, not 110% behind Frank. We took a huge blow to the head because it has never taken illegal. I can swear on my mother's head! For our part, we are sure of ourselves. You know, we train together all the time, we are preparing together all the time, we run all the time together, even if it's a little less true this season. And I can tell you and you repeat that we have never taken anything. Now we have to wait but if the B sample is positive, the complaint is ready to be filed.Now, you just wait for further developments. But we are determined to defend themselves.

Have you talked to Frank since Tuesday night?

Yes. He is in shock. He does not understand what is happening. Me neither, I do not get it. I can not blame anyone but it's still weird. Obviously, this is not a product found in food is a drug. If you are sure you did not take anything, it is because it is something else, it comes from elsewhere. And that, I did not explain it. Personally, I'm angrier than disappointed.

Why?

Because what happens is very sad. If we dope and we're caught, you can be disappointed but when you do not take anything that is disappointment, misunderstanding prevail. Our close friends know that we do not dopons, we have never done and we never will. On something like this, in view of certain reactions, there is a sense that some were expecting something.Today I can tell you is disgusted with the bike. I love this sport more than anything but now it's really hard for me and for the whole family.

For you, there is no ambiguity, you support your full brother?

Of course! Whole family and close friends are around Frank. And we are determined to fight for him.


●スケジュール

Bサンプルの開示は7/22(日)。
結果の公表の後、書類がUCIからルクセンブルク自転車連盟FSCL、それからアンチ・ドーピング機関ALADに送られる。
Die weiteren Prozeduren im Fall"Schleck"(Tageblatt)

●アスタナ説

Les Schleck auraient dit 《oui》a Astana(L' Essentiel)
根拠があるのかないのか不明。
フランクが出場停止処分に面している立場にあることを無視したかのごとき不思議な記事。

もうひとつ、アスタナがGCエースを欲し、予算があることは周知だが、ニーバリの名がずっと取り沙汰されてきた。ニーバリの去就情報は現在ペンディング状態。

L' Essentielの記述を他メディアがこぞって引用しているが、radsport-news.comは、Alpecin説をさらっと付記している。

●ドーピング否認の主張の難しさ

Bradley Wiggins: I can never dope because it would cost me everything(guardian)
ファビアンがツイッターでリンクしていた、ドーピングに関するウィギンスの見解。
内容は実にもっともで、私は彼を疑ったこともないが、最後の方まできて、ふいに、「前に、同じ調子の文章を読んだ記憶が・・?」
誰だっけ。
・・ランス。

ランスは、自分は、「チーム、スポンサー、支持者」のみならず「癌からの生還者」を背負っている、と主張していた。
彼等の信頼を失うわけにいかないんだ、と。
その主張には、説得力があった。
そうだよね、万が一にもバレたら、失うものが大きすぎる。
アメリカ人は、「正義」や「公正」が大好きだ。
ランスが「不正」をして勝利を手にしていたとバレたとき失うものの巨大さは、ウィギンスが失うものの比ではない。

・・だけど、やってたんだよな。
論理が誤っていた理由は、
「確実にバレないようにする方法があるから」
USADAを信じるなら、ミスって陽性を出してしまったときは、UCIが揉み消してくれた。鉄壁である。

だから、「バレたとき失うものが大きいから」という理由は、本人にとって間違いでなくても、「客観的な観点では」、説得力がない。
「自分は誰より多くの検査を受けて、陽性を出したことが一度もない」と並んで、「ドーピングをやっていない理屈として挙げると逆効果」な件なのである。

フランクについていえば、バレたら、自分のキャリアのみならずアンディのキャリアまでも潰すことを、彼は、十分認識している、と思う。
そのリスクを負ってやらない、と彼は主張するかもしれない。

しかし、その言葉に説得力がないことを、ランスを見てきた自分は、知っているのである。

●キシパミドとは?

Schleck, the Tour and doping: what's xipamide?
Xipamideとは?の説明。
身体に入ったルートの可能性は、
1.他の禁止薬物のマスキング剤
2.食品・薬・サプリメントの汚染
3.血液ドーピングの残滓
2及び3は、コンタドール事件のクレンブテロールと同じ理論。

Vergiftet oder verblödet?(radsport-news.com)
スポンサーサイト

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://leonazul.blog87.fc2.com/tb.php/1241-10ea9df0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)