南の国の太陽、空の色の獅子

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  自転車
tag : 
●新チームの噂・再考

一晩経つと、前日とは別のことを思いつく。

昨年の合併時の自分の記述を読み返して、気づいたことがある。
私は、「合併の実情」がどういうものなのかをあれこれ推測していたが、正式発表の前、一旦、「レキップの記事」を信じて、「レオパードは終了する」と思いこんだ。

「レオパード・トレックは終了する」、すなわち来季継続するチームの運営母体はレディオシャックで、ルクスのチームは、解散(消滅)する。
シュレク兄弟他の主力選手複数がレディオシャックへ移籍し、ベッカは、レディオシャックに資金をある程度出す


蓋を開けたら、違っていた。

今回の話を、改めて考えてみる。
トレックが、共同スポンサーとしてドイツの企業と話をしている。というのは、「レディオシャックの代わりのスポンサーを調達している」という意味にも受け取れないか。

1年前、レオパードとレディオシャック2チームをスポンサードしていたトレックは、タイトルスポンサーを持たないレオパード(ベッカ)に、スポンサー(レディオシャック)と、ブリュイネールのマネージンググループをあてがって、1チームに整理した。
それが都合いいと思ったからだが、今、そのプロジェクトから「ブリュイネールを排除せざるをえない事情」が起こった。
ゆえに、「合併を解消」する。

ブリュイネールと繋がったスポンサー・レディオシャックは、ブリュイネールと一緒にお引取り願い、代わりに別のスポンサーをみつけて、レオパードにあてがう。
それで問題なし。

「新チームが発足」という話でなくても、上の話でも、「辻褄は合う」のである。
アンデルセンに、Dirk DemolとAlain Gallopinも加わる、という箇所も、だ。いや、実は、3人の名が並ぶとなると、上の話の方が蓋然性が高いのでは、と思った。

レキップはじめ他国メディアたちは、ベッカを気に入らないのか排除したいのか知らぬが、ベッカがチームをたたみ、兄弟が移籍する方向の話を毎度書く。
1年前、自分は彼等に騙された。

兄弟が、ブリュイネールだけでなく、ベッカとも別れたい気持ちでいる可能性は、十分想定できる。
ブリュイネールを追い出しても、もう元には戻らない、終わりなんだ、と。
そう言われたら、「はい、判ります」。

でも、逆でも(別れなくてもいい)、「判ります」。
「彼等の関係」についての情報が少なすぎるため、此方には、どちらなのか判断できない。
だから、どちらも否定せず、両方のケースを想定する。

もうひとつ指摘。
新チームの立ち上げは、「時間的に」かなり無理のある話ではないか?という疑問が浮かぶ。
シュレクグループが、仮に早くから計画していたとしても、トレックがブリュイネールを排除する決定をできるのは、先日のUSADAの処分が出てからではなかろうか。
連邦捜査局の捜査は2月に終了し、刑事事件の訴追は逃れたが、USADAからは逃れられない、という情報が入っていたとか?

●国内選手権

・ドイツRR
1.ウェーグマン
2.ゲルデマン
3.Julian Kern (Leopard Trek)
http://www.leopardtrek.lu/news/kern-takes-third-place-germany

・ブリュイネールの反応
RSNT公式サイトは戦績に見合った記事を公平に作ったが、ブリュイネールは、ファビアン(TT優勝)とディディエ(RR優勝)におめでとうツイートをしておきながら、フグルサング(TT優勝)を無視。
スポンサーサイト

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://leonazul.blog87.fc2.com/tb.php/1224-cc230a7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。