南の国の太陽、空の色の獅子

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  自転車
tag : 
シュレクグループの腹は不明、と書いたが、推測できるものもある。
・フォイクト
シュレク兄弟と行動を共にする。
現役をいつまで続けるかは、毎年考え、契約を1年ずつ更新しているが、続ける場合は、シュレク兄弟と一緒にやる。
これまでの言動から、そう思って間違いないと思う。

彼は、サクソバンクを離れてルクスチームに合流した昨年、TdFでシュレク兄弟のどちらかにマイヨ・ジョーヌを着せてキャリアを終われば完璧だ、と言った。
兄弟は、長年の友人。コンタドールは友人ではないから、彼を助けてマイヨ・ジョーヌを獲らせたいという気は起こらない。
昨年TdFのラルプ・デュエズで、今年で引退することも頭にあったけれど、TdF終了後、兄弟から、4年契約してよと言われた、キャプテンからそう言われちゃ、来年もやるしかないよ、と喋った。
「今年が最後のツールだよ」の台詞は、3年くらい前から「毎年」読んでいるような。

・フグルサング
アンディについていく。
チームの待遇(ギャラやポジション)も考慮するが、基本的にはそうする可能性が高い。
理由は、アンディと同じ「野心が低い」気質で、アンディとは「一つ屋根の下で暮らしている」親友だから。
男と女の関係と同じく、仲のよさが変わるときがくれば離れるであろうが、それが変わらないうちは、アンディについていくと思う。

彼は、「TdFで、アンディ以外の選手のアシストをする意欲」はない。
他チームへ行けば、「アンディを敵に回す」ことになる。そういう立場を敢えて選択する可能性は低い。
昨年、アンディに決まったGFが出来たことで、それ以前と多少関係が変わった可能性もあるけれど、自転車の上にいる時間は彼女が入ってくるスペースはなく、以前のままだから、大丈夫か。(彼も美人のGFがいるし)

●ベッカはどうするか

ベッカの置かれた状況と、彼がどうしそうか、を少し考えてみよう。

彼が自転車RRチームを起こしたのは、自国ルクセンブルクのスター、シュレク兄弟の存在ゆえである。
「シュレク兄弟ありき」で、ブリュイネールと契約したのも、「シュレク兄弟をツールで勝たせる」ことが目的だった。

ブリュイネールは、ツール9勝の実績を持つ。その腕を見込んで、チーム運営を任せた。
が、蓋を開けると、昨年よりひどい戦績である。
さっぱり勝てない。どころか、カンチェラーラは、パリ~ルーベを負傷で棒に振った。
それでも、ツールで成功すれば、これまでの失敗はチャラにしてもいいと辛抱して待ったら、あろうことか、アンディが負傷してツールに出られないという。
ツールが始まる前に、終わってしまった。

ベッカは、「負傷続きは、運が悪かっただけ。ブリュイネールに、この事態の責任はない」とみなすだろうか。

そう想像するのは無理がある、と私は思う。
「確かに、個別の負傷は運で、仕方あるまい。しかし、リーダーたちがことごとく負傷し、チーム全体がここまでうまくいかないのは、運営に何等かの問題があると考えるのが妥当ではないか」

先日のRTLのインタビューでは、ベッカは、不満はおくびにも出さず、悠然とした態度でブリュイネールとチームを信頼している旨を述べた。
これは当然である。今、チームメンバーを動揺させることを口から出して何の得にもならない。
どう考え、何を決めたとしても、発表は、しかるべき時が来てからである。

ゆえに、私の予想は、「ベッカはブリュイネールを切る」。
これが外れるとしたら、
・ブリュイネールが、私の認識を超えた「ひとたらし」で、ベッカをまるめこむ腕があった。
・切りたくても切れない事情がある。「経済的」事情など。
・ベッカが、私が想定できる範囲から完全に外れた思考の持ち主だった。

シュレク兄弟は、ベッカと4年という異例の長期契約を結んだ。通常、長くて3年で、4年は聞かない。
長期間拘束される契約を彼等が了承したには、それなりの理由があったと思う。
彼等の国は、とてもとても小さい。この先、自国で暮らすなら、きっと両者が会わずに済ますことはできないのではないか。
されば、問題が発生したなら、解決する努力を、するのではないだろうか?

兄弟の移籍説が流れているが、ベッカとの契約解除は、本当にどうにもならなくなった最後の決断ではないだろうか。
ベッカがバカでないなら、「ブリュイネールとシュレク兄弟とがうまくやっていかれない」のであれば、選択するのは後者であって、前者ではないのでは。

実は残念にも彼は(私のみなすところの)バカであるのかもしれないけれど、希望を持って、先行きを見守ることにしたい。

補足
・ドーピング事件に触れなかったが、この件は上乗せに過ぎず、根本問題はすでに存在した、というのが私の見方。
・シュレク兄弟が現契約を解除して移籍するには、おそらく、2年×2人で、6~7億円という巨額(正確な額は不明)が必要になる。

・ブリュイネールがTdFに行かないことを自分から選択する可能性を、RSNTのプレスオフィサーPhilippe Maertensが示唆した、という報道が出ている。
Verzichtet Bruyneel auf die Tour de France? (radsport-news.com 6/19)
スポンサーサイト

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://leonazul.blog87.fc2.com/tb.php/1217-8b465389
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。