南の国の太陽、空の色の獅子

Category :  自転車
tag : 
現況がハッピーではないにしても、誕生日は祝うものだ。
Andyは今日27歳になった。

ドーフィネの最終日に当たるという日程を見たとき、「家族が一緒にいない誕生日なんて今まであったのか?」。
例年なら、レース出走中でもフランクが一緒にいる。家族同様のキムもいる。
あらまあと思ったら、誕生日を前に、家に帰った。

今年はよくない年だったけれど、貴方は、未来をまだまだ手に持っているよ。

憂うことは何もない。

現況と解釈については追って。
スポンサーサイト

コメント

はじめまして
いつも拝読してます。私も末っ子Andyをあたたかく見守るファンの一人です。昨日はTdSで、お兄ちゃんが誕生日祝いのような素晴らしい走りをみせてくれましたね。rihoさんのおっしゃるとおり、彼らの頑張れる動機は家族とか安らぎとかなのではないかと思いました。
2012/06/11 08:05URL  buhito #miF8IKPo[ 編集]

はじめまして
buhitoさん、こんばんは。

よかったですね、昨日のフランク。
チームメンバーも、「いつもの」メンバーで、ここにアンディがいないのは妙です。

「あたたかく見守るファン」という文言に、はた、と以前のことを思い出しました。
自分はけっこうきつくて、「あたたかく」はない気はしますが、F1で、「ラルちゃんを見守る会」を自称しておりました。(ミハエルの弟です。此方は2人兄弟で、異様に仲がよかった)
2012/06/11 20:52URL  RIHO #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://leonazul.blog87.fc2.com/tb.php/1206-d06cfb13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)