南の国の太陽、空の色の獅子

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  自転車
tag : 
●のほほん

昨日来、「アンディ」「シュレク」「ブリュイネール」「不調」「不仲」等の検索ワードで、多くのアクセスがあり、おやおや。
ネット上を見ると、苛々しているファンがいる「らしい」が、幸いなことに私は平然。

*自転車RRに限らず、ネット上には、苛々しているファンが溢れているようにみえるときでも、現地に観戦に行くと、そんな気配は影も形もなく、ファンは楽しく過ごしているのが常で、「ネット上のファンの空気はヘン。悪感情が集合・増幅している負の世界」と以前から思っている。近年の日本国内フィギュアスケートもそれ。

メディアが騒ぐので、ブリュイネールはまた火消し。
Andy Schleck reveals he was treated for knee problems in May (cyclingnews.com 6/6)
"He literally told me: 'do not panic, I'll be ready for the Tour'. I believe him."
ご愁傷様というかご苦労様というか。(自分で撒いた種だけど)

アンディは、意図的にブリュイネールを振り回しているわけではなく、「自然体」でいて、こうなのだと思う。
うじうじいじいじ、ぐだぐだは、彼の性分ではない。それはフランクのやることで、アンディは「のびのび・マイペース・やりたい放題」の末っ子なのである。(私の認識する限りでは)

●リースの本

2010年11月に出版されたリースの自伝の英訳が出版された。今まではデンマーク語版しかなかった。
関心があるが、自分には辛い。
英語力の低さだけでなく、彼の現役時代の自転車界の知識を全く持っていない(登場する人物、レース、事件を知らない)ので、書いてある意味を理解できない・事実誤認をする箇所続出の可能性が高い。
記述を、どう評価して取り込むかの「判断力」を持たない身にはきつい。

シュレク兄弟登場以降の箇所だけ読む、という苦肉の策なきにしもあらずだが、一部しか読まないのは解釈を間違える元だから、気が進まない。でも、全く読まないよりもまし?

原書については、出版直後、デンマークのBTが引用した「読んで吃驚」の箇所いくつかに言及した。
ファビアンが契約解除を通告してきたのは、TdFの2度目の休息日7/21だった、その日は、コンタドールとの契約の詰めが完了した日で、更に、コンタドールがドーピングコントロールで陽性を出した日でもあった、という「小説ですか?」となった話など。

Riis: Stages of Light and DarkRiis: Stages of Light and Dark
Bjarne Riis Lars Steen Pedersen Ellis Bacon

Vision Sports Publishing Ltd 2012-05-14
売り上げランキング : 30728

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

●結果がどうなるかしらんよ、私は


レオパードとレディオシャックの合併に関して、9ヶ月前に私が記した警告を再掲。

(合併は)「会合に出席した人間たちが全員ハッピーになるアイデア」であったことは納得したが、彼等が「考慮をしなかった」大きな点は、「アンディ・シュレクとそのチームメート」を望んだのはブリュイネール側だけで、アンディたちは、ブリュイネールを選んではいないこと。
この点を「甘く」みて、選手をコマ扱いして、結果がどうなるかしらんよ、私は。
2011/9/18

スポンサーサイト

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://leonazul.blog87.fc2.com/tb.php/1204-f46564d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。