南の国の太陽、空の色の獅子

Category :  フィギュアスケート
tag : 
東京開催が決定したときからずっと待っていて、自分の今年の最大の楽しみでした。
大の贔屓はおらずとも(ジェーニャはトリノで引退、と初めから予定してました)、心底から「行ってよかった」と思うことができる自分は幸せです。
残念だったことを敢えて挙げるなら、デロションがまたも僅差で表彰台を逃したこと(ODのディダクションがなければ・・)、ペトティホとシュデク夫妻の直前の棄権(リンクサイドでドロタが泣いている様子が2階席から見下ろせて、切なかった)くらいでしょうか。

いい話を。1番は、ランビエール君のFP。
パーフェクトの出来ではありませんでしたが、「それが何」と言い切れるほどの魅力がありました。
「フラメンコ」の公式戦初披露を生で見られたことを、幸せな記憶として大事にとっておこうと思います。

ランビエール君以外は順不同。
シェン・ツァオのFPを見ながら、感慨のようなものを覚えました。
技術点は出るけれど芸術点が出ない典型だった彼等が、ここまできたことに対して、です。
私はペアに通じていないファンで、昔から正統派ペアを好きになったことがありません。誰かあげよといわれたら、ボーツェル・シュトイヤーとか言いだす輩で、ベレズナヤ・シハルリドセとシェン・ツァオ、応援するのはどっち、と言われたら、後者でした。
芸術点(今のPCS)の向上は遅々とした歩みで、ソルトレイク後はトトマリに上をいかれ、負傷でトリノを棒に振り、中国勢の若手台頭の中、今季で引退という報道が出ていましたが、「現在の一番は誰か」を余すところなく示しました。
とにかくミスする気配が全くない。05年GPFのトトマリから感じたのと同種の圧倒的な存在感、ペアの本質を体現していたと思います。

引退については報道が二転三転していますが、表彰式後、長い時間、リンクサイドに留まって、数多くの人と記念撮影をし、スタンドから盛んに声をかけるファンに手を振って挨拶して帰っていった姿に、「最後のつもりなのでは」と感じました。
ペアのFPの終了時刻は遅く、表彰式は11時を回っていたので、残った観客は数多くなく、熱心なファンたちでした。
名残を惜しむかのような光景は、その後、他の種目ではみかけませんでした。
今季が最後になるのであれば、その現場にいることができてよかった、と思います。
スポンサーサイト

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://leonazul.blog87.fc2.com/tb.php/12-6f40dd3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)