南の国の太陽、空の色の獅子

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  自転車
tag : 
ジロ開幕を来週末に控えた昨日、RSNTは、フグルサングが、膝の故障によりジロをスタートしない、と発表した。
Volta Ciclista a Catalunyaでの手の骨折はおおよそ収まったが、2週間前、シエラネバダでのキャンプで、膝の痛みが始まった。
Tour de Romandieで様子を見たが、2日目に再発し、グラン・ツールの3週間を闘い抜くのは無理、と判断した、という。

ファビアンの鎖骨骨折に続いてこれだと、アンディが元気にツール初日に出走できたら、「おお、ラッキー」、パリまで無傷で辿り着いたら、「素晴らしい強運」と思ってよさそう。
レディオシャックのエースは、過去2年連続して、ツールで落車して、総合をパアにしている。
ブリュイネールの厄とアンディの運とどちらが強いかの勝負。

と、今季のチームの負傷者続きを、レディオシャック側に帰してもいいが、レオパード側に帰す見方もありだ。
レオパードは昨年、やはりジロの直前に、エースのベンナーティを負傷で欠いた。(ツール一本やりのレオパードは、総合系の主力を全員ツールに配し、ジロには総合リーダーを立てず、ベンナーティのステージ勝利を目標にした)

もうひとつ。
ファビアンもフグルサングも自分で望んで怪我してはいないが、旧レオパードのメンバーは、今季、「自分の意志で選んだ」チームマネージメントの下でレースをしてはいない。それのとどのつまりでは、という見方。

旧レディオシャック側の人間の目からみれば、チーム運営・管理の実権は此方にあるが、重要なレースのリーダーはすべて旧レオパード側の選手。にも拘わらず誰も彼も怪我だのなんだので、ここまで期待したレベルの成果を挙げてこない、ということになるだろう。

私は、「アンディを中心にして周囲を見ている」観客だが、視点をあちこち動かして考えることもするので、シビアな見方も平気で思いつく。
乱暴な発言をすると、フォイクトやフランクは、ツール中の落車リタイアをみているので、またあっても驚かない。ここまでくると、最大の注目点は、「アンディがいつまで無事か」。

真面目な話に戻ろう。
フグルサングのことを考えると、先がまだあるとは思うが、まずいのは、今年行う契約交渉だ。
ジロが終わったら、その結果を踏まえて来季の交渉を始めるつもりだったろう。ジロ不出場によって、一転して今季成果を何ひとつ手に持たない状態で、交渉しなければならなくなった。

体調は、ツールまでには回復するだろう。
ブリュイネールは彼をメンバー候補に入れるだろうか?
最終決定は、他の候補のコンディションを考慮して総合的な判断になるであろうが、契約交渉の件も絡みそうな気がする。お互いに、残留・移籍のどちらを望むのか不明だが。

ジロのメンバーの差し替え等は続報待ち。

・5月29日

2010年ツール優勝の授賞式は、5月29日モンドルフで行われる予定。
Tour de Luxembourgのスタート前日だが、これにはアンディは出場しない(ドーフィネに出る)。
Andy Schleck: Gelbes Trikot am 29. Mai (Luxemburger Wort 4/26)
スポンサーサイト

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://leonazul.blog87.fc2.com/tb.php/1190-b20969ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。