南の国の太陽、空の色の獅子

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  自転車
tag : 
●今週は世界選手権

モチベーションが落っこちて、出欠の返答をTour de Pologneが終わるまで先送りしていたカンチェが、欠場を正式発表。
回復することはないだろう、と思っていたが、ポローニュのレースが悪天候にみまわれ、ものすごい状態で、「家帰って休みたい」に拍車をかけた模様。
第4ステージは、激しい雨でコースが危険だと選手全員が合意してストップし、なんとレース不成立。その後も冷雨が続き、連日コースを短縮して終わらせたとか。こんなレースに出ていたら、疲れ果てて、家帰りたくなってもっとも。
写真を見ると、第一次戦の前線の兵士を連想するような雰囲気で、皆様お疲れ様としか。
(最終日にカンチェとフランクはDNF。アンディは完走していた。完走95人中84位で。お疲れ様・・)

前にちらっと、スイス人チャンピオンであるカンチェとランビエール君のキャラクターに通じるものを感じる、と書いたが、今回のカンチェの状態の話に、「あらら、同じじゃないの」と思った。

北京五輪が終わってガクッときたそうだが、06年に同じような光景を見た。
世界選手権2連覇し、トリノ五輪で銀メダルを取ったランビエール君が、モチベーションがなくなって、世界選手権に出る意欲がない、という状態に陥った。
カンチェも世界選2連覇。そして五輪のメダルは金・銅の2個。燃え尽き症候群といわれても変には思わない。
ファンを心配させたランビ君は復活したので、カンチェも、ゆっくり休めば、来年の春には「スパルタカス」が戻ってくるだろう。まだまだ若く、終わるような年齢ではないし。
スポンサーサイト

コメント


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://leonazul.blog87.fc2.com/tb.php/115-a1883b88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。